第41回トロント国際映画祭 公式上映作品/第11回ガスパリラ国際映画祭 観客賞受賞
IQ185の超天才、だけど【コミュ力(りょく)】ゼロのキャリーが手にしたのは
「幸せになるためのリスト」だった――

この度、『マイ・インターン』プロデューサーが全ての女性に贈る「新しい自分を見つける」物語『マイ・プレシャス・リスト』(10/20公開)より、主人公のキャリーという、新しくも愛らしいキャラクターを見事に演じたベル・パウリーのインタビュー動画と、プロデューサーや監督、共演者がベルの魅力について証言する、特別映像を解禁いたします。

———————————————————
ベル・パウリー インタビュー
———————————————————
「キャリーは、天才という言葉がぴったりの女の子よ。IQもものすごく高い。不幸なことに天才には困難が付きものよ。彼女はひきこもりなの。普通の人たちが交わすありふれたやりとりが理解できない。一見なんの問題も無いように振る舞っているけれど、実は全然違う。頭は良いけど、人と心を通わせるのが苦手なの。ベルには人間味、知性、ウィットがある。」

1992年、3月7日、イギリス、ロンドン生まれ。2007年イギリスのTVシリーズ「The Whistle blowers」でデビュー。2015年、主演を果たした『ミニー・ゲッツの秘密』(15)がサンダンス映画祭やベルリン国際映画祭などで栄誉ある賞を受賞、パウリー自身も、第25回ゴッサム・インディペンデント映画賞の女優賞に輝いたほか、インディペンデント・スピリット賞、ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム賞など数多くの賞にノミネートされる。2016年には英国アカデミー賞でライジング・スター賞にノミネートされるなど、今最も注目されている若手俳優の1人。そのほかの主な主演作は、クリステン・スチュワート共演の『ロスト・エモーション』(15)など。今後の出演作としては、エル・ファニング共演の『メアリーの総て』(17)、リヴ・タイラー共演の『Wildling』(18)などが控えている。

———————————————————————————————————
主演キャリーを演じたベル・パウリーの魅力に迫る!
————————————————————————————————————
★「ベルはあの役を自分でつかみとった。彼女以外考えられないわ。」
プロデューサー スーザン・カートソニス

★「ベルには人間味、知性、ウィットがある。兼ね備えている女優は少ないよ。あの大きな瞳には人を惹きつける力がある。それに彼女が表現する努力や苦悩、孤独は共感を呼ぶんだ。誰だってなにかしら孤独を感じることはあるからね。」
プロデューサー ブレント・エメリー

★「映画『ミニー・ゲッツの秘密』で初めて彼女の演技を見たの。素晴らしい出来だったわ。だから今回の映画に関心を示してくれて、すごく嬉しかった。それに彼女は本当にキャリーそのものなの。」    監督 スーザン・ジョンソン

★「若手の俳優との共演はいつもわくわくする。多くを学べるからね。ベルは並外れて才能のある俳優だ。あの才能は生まれつきだね。キャリーはこの作品の中心となる人物だ。」          キャリーの父親役 ガブリエル・バーン

<STORY>
ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリ―)はIQ185、ハーバード大学を飛び級で卒業した天才だが、友達も仕事も持たず、読書ばかりしている【コミュ力(りょく)】ゼロの屈折女子。話し相手はセラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)だけ。ある日彼はキャリーにリストを渡し、そこに書かれた6つの課題を大晦日までにクリアするように告げる。「何のために?」「それで問題はすべて解決するの?」半信半疑ながらも、まずは金魚を2匹飼い始め、昔好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデート相手を探し…と1つずつ項目を実行していくキャリー。そして、人と関わり打ち解けたり傷ついたりする中で、徐々に自分の変化に気づいていく。キャリーは果たしてリストを全てクリアして、幸せを手にすることができるのか――?

監督:スーザン・ジョンソン『さよなら、僕らの夏』(04)プロデューサー、NETFLIX 映画『好きだった君へのラブレター』
※本作が長編映画初監督作品
プロデューサー:スザンヌ・ファーウェル『恋愛適齢期』『ホリデイ』『マイ・インターン』
出演:ベル・パウリ― 『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』
ネイサン・レイン 「エンジェルス・イン・アメリカ」で第 72 回トニー賞助演男優賞受賞
ガブリエル・バーン TV ドラマ「イン・トリートメント」(08-10)でゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞
ヴァネッサ・ベイアー、ジェイソン・リッター、ウィリアム・モーズリー、コリン・オドナヒュー
原作:カレン・リスナー(Caren Lissner)著(2003 年)
原題:『CARRIE PILBY』 2016 年/アメリカ/英語/98 分
配給:松竹 ©2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式 HP:my-precious-list.jp