この度、『4分間のピアニスト』のクリス・クラウス監督が、自身のルーツから創作した風変わりな愛の物語「DIE BLUMEN VON GESTERN(原題)」が、邦題を『ブルーム・オブ・イエスタディ』と改め、9月30日よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開することが決定いたしました。

オープニングから畳みかけるようなユーモアと毒舌の連続に、こんなシリアスなテーマで笑っていいのかと思わず不安を覚えるような、今までにない斬新な作品は驚きの連続!ナチスの戦犯を祖父に持つトトと、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持つザジが出会い、自らのルーツを探す旅を通して、過去に囚われていた男女が自分たちの人生を発見し前へ進む希望の物語です。主人公のトトに扮するのは、オリヴィエ・アサイヤス監督の『アクトレス ~女たちの舞台』『パーソナル・ショッパー』のラース・アイディンガー。都会的でスマートな役柄が多かった彼が、人生につまずきっぱなしの人間味に溢れた男を、情感をこめて演じた。ヒロインにはダルデンヌ兄弟監督の『午後8時の訪問者』でも高く評価されたアデル・エネル。今、最も期待されているフランスの若手女優の一人で、おかしくてやがて切なくなるほど大胆不敵な役柄を恐れることなく突き抜けて演じている。過去を嘆くだけの時代に終止符を打ち、未来を希望と共に生きようとする世代のために、新しいアプローチで戦史に迫り、ナチス映画の歴史が変わるに違いない、エポック・メイキングな物語がついに完成した。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=57900