このたび、10月10日(土)から10月12日(月・祝)までの3日間に開催となります、第七回下北沢映画祭の全プログラムの詳細が決定いたしました。

メジャーとインディペンデントといった「作品規模」や、実写とアニメといった「表現方法」、映画と音楽、映画と演劇といった「カルチャー」など、双方の境界線が曖昧となり、様々なエンターテインメントを縦横無尽に楽しむことができる昨今。
そこで今年は「ボーダレスな映画体験のススメ。」をテーマに、バラエティに富んだ5プログラムをお届けします。

【Aプログラム されど、映画を語る】

映画がなくても人は生きていける。それでもなお、愛され、求められ、時に誰かの人生を変えることすらある。活動写真から芸術へと昇華した映画の可能性。普段意識することなく感じていたそんな映画の魅力について、今一度語り合うトークライブを開催します。
会場は下北沢文化を象徴するライブハウス。アートの境界線を払拭し多様性を受け入れてきたこの街で、映画の可能性の再発見を目指します。
たかが映画、されど映画。ゲスト情報の解禁は下北沢映画祭公式サイトにて行います。

●日時:10月10日(土)13:00開演(12:30開場) 
●会場:下北沢ろくでもない夜
●チケット代:1,600円+1 drink

【Bプログラム 不気味でシュール、でも観たい! 〜シュヴァンクマイエルとチェコ映画の世】

実写とアニメーションを織り交ぜるなど
ボーダレスな作風で世界を魅了し続ける、
チェコが生んだ奇才ヤン・シュヴァンクマイエル。
実は、他の監督の映画に美術協力をしているのです!
そのひとつ、チェコ映画界の巨匠オルドジヒ・リプスキーの『アデラ/ニック・カーター、プラハの対決』を上映。

現在、DVDも入手困難な今作品をスクリーンで観られる貴重な機会!上映後にはチェコ映画に造詣が深いペトル・ホリーさんのトークを行います。シュヴァンクマイエルファンも初心者も、新たな世界に出会えるはず!

●日程:10月10日(土)19:30開演(19:20開場)
●会場:下北沢トリウッド
●チケット代:2,000円
●ゲスト:ペトル・ホリー(チェコ蔵主宰)and more!

『アデラ/ニック・カーター、プラハの対決』(1977年/106分)
監督:オルドジヒ・リプスキー
(C)Barrandov film studios

【Cプログラム 時代をかき回す! SPOTTED PRODUCTIONSスペシャルセレクション】

『百円の恋』や『おんなのこきらい』など、話題の作品を世に送り出し、映画×音楽の祭典MOOSIC LABにて新しい才能を発掘しつつ、ジャンルの横断を図り続ける、企画・配給宣伝会社SPOTTED PRODUCTIONS。そんなSPOTTED作品からスペシャルセレクションとして作品上映を行います。
関連ゲストによる舞台挨拶も予定。

●日時:10月11日(日)15:00開演(14:45開場)
●会場:成徳ミモザホール
●チケット代:一般1,500円 大学生以下 1,300円
※上映作品やゲストは9月26日(土)に解禁予定

【Dプログラム 森岡龍×松本花奈のサイコロトーク 「下北沢からごきげんYO!」】

俳優でありながら監督業にも挑戦するなど“ボーダレス”な活動で知られるゲストを招く上映&トークイベント。『ニュータウンの青春』が劇場公開されたりと映画監督としても活躍する俳優、森岡龍さんと、現役女子高生監督として『真夏の夢』を手掛けた松本花奈さんを迎え、お2人の短編映画『フランソワな昼』『死んだ魚の目をしてみた』(森岡作品)と井上苑子MV『大切な君へ』(松本作品)を上映。さらに森岡さん発案で、映画にまつわるお話を“サイコロトーク”! アタリ目は出るか!? 2人の化学反応は、下北沢でしか見られない!

●日時:10月11日(日)18:00開演(17:50開場)
●会場:成徳ミモザホール
●チケット代:1,600円
●ゲスト:森岡龍(俳優・映画監督)、松本花奈(映画監督)

『フランソワな昼』(2011年/10分)
監督:森岡龍   ©MR FILM

自主映画『気付けば隣にヒットマン!?』の撮影クルーはボンクラばかりでサァ大変!!
果たして撮影を無事に終える事が出来るか!?
 2011年の元旦にノリと勢いだけで撮られた正真正銘のお正月映画!!

『死んだ魚の目をしてみた』(2006年/3分)
監督・脚本・出演:森岡龍 ©MR FILM

アパートの一室で自殺を図ろうとする男たち。遺書を書きあぐねた彼らのとった行動とは……。

『大切な君へ』MV(2015年/12分)
監督:松本花奈 出演・歌:井上苑子 他 ©2015 UNIVERSAL MUSIC JAPAN

【Eプログラム コンペティション部門】

実写、アニメーション、ドキュメンタリー、PVなどジャンルを問わずに公募を行うコンペティション。映画祭の最終日となる10月12日(祝・月)、応募総数213作品の中からスタッフによる選定を通過した10作品を上映します。当日は、ゲスト審査員として、犬童一心監督(『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』)にご登壇いただきます。

<ノミネート作品> ※五十音順
『オリンピアの嘲笑』(監督:三原慧悟)
『きらわないでよ』(監督:加藤大志)
『ごめんねマリモ』(監督:鯨岡弘識)
『ズドラーストヴィチェ!』(監督:幸洋子)
『STRANGE』(監督:亀田貴也)
『SHOKUTAKU』(監督:菅原達郎)
『たちんぼ』(監督:横山翔一)
『バグバーグ』(監督:大寳ひとみ)
『始まりの鐘を鳴らせ』(監督:川島直人)
『みんな蒸してやる』(監督:大河原恵)

● 日時:10月12日(月・祝)12:45開演(12:30開場) 
●会場:成徳ミモザホール
●チケット代:1,300円
●審査員:犬童一心氏(映画監督)、直井卓俊氏(企画・配給プロデューサー)、大槻貴宏氏(トリウッド代表/ポレポレ東中野プロデューサー)、轟夕起夫氏(映画評論家)

【入場無料! シモキタ映画祭横丁】

10月11(日)、12日(月・祝)、成徳ミモザホールのロビーには、無料で楽しめるスポットがたくさん! “遊べる本屋”をコンセプトにした下北沢の聖地、ヴィレッジヴァンガードさんをはじめ、下北沢の人気ベーカリー&カフェmixtureとBOOKENDS COFFEE SERVICEさんが出店。また、去年に引き続き、同時期開催の「下北沢カレーフェスティバル」のブースが参戦。11日にはCyberLinkの最新ソフトを使った動画編集ワークショップも無料開催いたします。そして“下北沢グルメ”のイラスト展示もあり!

第七回下北沢映画祭 開催概要
■日程:10月10日(土)〜12日(月・祝)
■会場:成徳ミモザホール(東京都世田谷区代田6-12-39 下北沢成徳高等学校内)
   下北沢トリウッド(東京都世田谷区5-32-5-2F)
   下北沢ろくでもない夜(東京都世田谷区北沢2-6-5ルイビル3F)
■主催:下北沢映画祭運営委員会
■チケット代:プログラムによって異なります
下北沢映画祭公式ホームページ(http://shimokitafilm.com)にて9月12日(土)昼12:00より販売開始予定

執筆者

Yasuhiro Togawa