講談社「ネメシス」にて日本版オリジナルストーリーで登場!

世界各国で爆発的ヒットと上映禁止騒動を繰り返してきた映画史上最もヤバいシリーズ『ムカデ人間』の完結編となる『ムカデ人間 3』がついに先週末、新宿武蔵野館ほかにて全国公開となりました。

人間の口と肛門をつなぐ、という人知を超えた前代未聞の設定がホラーファンから国民的アイドルまで多くの人々を魅了し、シリーズを重ねるごとにコアなファンを獲得してきた本作ですが、『ムカデ人間 3』公開直前にはツィッターのトレンドワードに何度も登場するなど、空前のムカデ人間ブームとなり、公開を迎えるとメイン劇場の新宿武蔵野館では全席満席、立ち見客が出るまでの大ヒットスタートとなりました。
そしてこの度、本作の公開を記念して、講談社より発行の漫画雑誌「ネメシス」にて『ムカデ人間』の漫画化掲載が決定致しました。

漫画版「ムカデ人間」は異色の吸血鬼ホラー漫画として話題になった「チノミ」の作者、吉永龍太による、日本を舞台にした完全オリジナルストーリーとして登場します!
この何とも楽しみな漫画「ムカデ人間」、ネメシス本誌では 10 月 9 日(金)発売の 24 号にて、ショート形式の予告編が掲載になり、続いて 12 月 9 日(水)発売の 25 号にて本編掲載の予定です。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50391

執筆者

Yasuhiro Togawa