来年2016年に没後10年を迎える実相寺昭雄監督が、日本アート・シアター・ギルド(以下、ATG)に遺した、『無常』、『曼陀羅』、『哥(うた)』、『あさき夢みし』の4作品を、 撮影監督監修のテレシネによる最新のニューマスターで、「atg 実相寺昭雄ブルーレイBOX」として初ブルーレイ化、また単品DVDを再発売として、11/18(水)に発売することが決定しました。(発売・販売元:キングレコード)

実相寺昭雄監督は、「ウルトラマン」シリーズや「怪奇大作戦」などの特撮で知られ、TBS出身の異色TVディレクターとして活躍後、1970年にTBSを退社、そして、満を持してATGで制作したのが長編映画第一作『無常』(’70年)です。
仏教の原点となる”無常感”をテーマに、姉と弟の近親相姦という反社会的、反倫理的なタブーをドラマ化。独特のカメラワークによるエロティシズム、大胆な性描写で、当時、成人指定を受けるも、映画は興行的に大ヒット。さらには、カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界三大映画祭に次ぐ映画祭とされるロカルノ映画祭グランプリを受賞(’70年)し、大きな話題を巻き起こしました。

その後、『無常』の大ヒットをうけ、『曼陀羅』(’71年)、『哥(うた)』(’72年)を立て続けに発表。『曼陀羅』は、実相寺監督のATG3部作とも呼ばれる石堂淑朗脚本作品のうち唯一のカラ—が登場する作品(パートカラ—)。あるモーテルの支配人夫婦のエロスと農耕によるユートピアの実現へ、性に奔放なカップルが次第に巻き込まれていくというストーリーです。前作以上に全篇的エロティシズムで溢れた作品となり、当時“芸術ポルノ”とまで騒がれるまでに。桜井浩子ら実相寺監督の常連といわれる俳優陣も出演。『哥(うた)』は、『無常』『曼陀羅』から、日本および日本人の原点を探ることをテーマにした3部作の完結作。旧家の没落とそれに抵抗する青年の姿を通じ、日本人の故郷とはいかなるものかを追求した作品です。そして『あさき夢みし』(’74年)は、詩人の大岡信脚本により、日記「とわずがたり」のヒロインを主人公に、13世紀後半の王朝貴族の女の生き方を描きだしています。当時のATGの予算を遥かに上回る制作費で豪華絢爛なセットも見どころ。

70年代前半に制作された実相寺昭雄監督4作品を、撮影監督である、稲垣涌三氏(『無常』『曼陀羅』)と中堀正夫氏(『無常』『哥(うた)』『あさき夢みし』)立ち会いのもと、オリジナルネガから作成されたテレシネ専用ローコントラストプリントを使用して23.98Psfのフレームレートにてテレシネ作業を実施。実相寺ワールドを堪能できる超高画質デジタルニューマスターにて甦ります。

【実相寺昭雄(1937〜2006)】
東京四谷生まれ。1959年にTBSに入社。テレビドラマのディレクターとしての経験を積み、「ウルトラマン」シリーズや「怪奇大作戦」などの特撮として知られ、熱狂的なファンをうみだす。1970年にTBSを退社。その後、ATGで制作した長編映画『無常』(’70年)が、ロカルノ映画祭グランプリを受賞。その後、ATGで『曼陀羅』(’71年)、『哥(うた)』(’72)、『あさき夢みし』(’74年)を監督。その後も、『帝都物語』(’88年)『D坂の殺人事件』(’98年)『姑獲鳥の夏』(’05年)など話題作のメガホンを撮った。07年に公開された『ユメ十夜「第一夜」』が遺作となる。TVや映画だけでなく、TVコマーシャルや舞台の演出、小説家としても活躍。2006年11月29日死去。享年69。

『無常』 (1970年)
モノクロ/日本/1970年公開/約146分
© 1970 實相寺知佐子
【物語】琵琶湖近くの旧家の長男・正夫は、父の跡を継ぐことを嫌い、大学にも行かず、仏像の研究にとりつかれていた。正夫の美しい姉・百合は、なぜか持ち込まれる縁談に耳をかさず、母を困らせていた。 そんなある雨の日、広い屋敷に二人だけになった正夫と百合は、能面をかぶってふざけているうちに一線を越えてしまい、非日常が日常となり、やがて百合は正夫の子を宿してしまう…。
【スタッフ】 ●監督:実相寺昭雄●製作:淡豊昭●脚本:石堂淑朗●撮影:稲垣涌三、中堀正夫、大根田和美●美術:池谷仙克●編集:柳川義博●音楽:冬木透
【キャスト】田村亮、司美智子、山村弘三、河東けい、岡田英次、田中三津子、佐々木功、岡村春彦、花ノ本寿、菅井きん、寺田農、集三枝子、小林昭二
◆1970年ロカルノ映画祭グランプリ
◆キネマ旬報日本映画ベストテン第4位(1970年)
※この映画は劇場公開の際、映倫管理委員会より成人映画(18歳未満禁止)の指定を受けました。

『曼陀羅』 (1971年)
パートカラ—/日本/1971年公開/約135分
© 1971實相寺知佐子/ATG
【物語】 あるモーテルで、2組のカップルが、互いに相手を交換し身体を交えあう。その様子を盗撮する真木支配人。その支配人は、夫婦そろって、農耕とエロスによるユートピアを実現しようという理想を持っていた。支配人の企みで、カップルの一方が襲われるも、そのユートピア願望に陶酔しはじめる。しかし、ユートピアの欺瞞を知ったもうひと組のカップルの男が、真木夫人を犯して自殺に追い込む。新天地を求め船出した支配人の真木は、数日後死体となって打ち上げられ、手には曼陀羅が握り締められいた…。
【スタッフ】 ●監督:実相寺昭雄●製作:淡豊昭●脚本:石堂淑朗●撮影:稲垣涌三●美術:池谷仙克●編集:浦岡敬一●音楽:冬木透
【キャスト】清水紘治、森秋子、田村亮、桜井浩子、岸田森、若林美宏、草野大悟、花柳幻舟
※この映画は劇場公開の際、映倫管理委員会より成人映画(18歳未満禁止)の指定を受けました。

『哥(うた)』 (1972年)
モノクロ/日本/1972年公開/約120分
© 1972實相寺知佐子/ATG
【物語】丹波篠山の旧家の三男の淳は、家を守ることを母に言いきかせられ、忠実に働きつづけていた。実の母がお手伝いとも知らず。一方、財産の山林を手放し、自分たちの代で終わりにしようとするのが、長男・康と次男・徹。長男夫婦は、康の淡白さに妻・夏子は不満が募り、ある時、住み込みの書生とお手伝いとの情愛を目撃し、淳を誘惑していく…。
【スタッフ】 ●監督:実相寺昭雄●製作:東條あきら●脚本:石堂淑朗●撮影:中堀正夫●美術:鳥居塚誠一●編集:浦岡敬一●音楽:冬木透
【キャスト】篠田三郎、岸田森、八並映子、田村亮、桜井浩子、嵐寛寿郎、毛利菊枝、東野孝彦、荒木雅子、内田良平
※この映画は劇場公開の際、映倫管理委員会より成人映画(18歳未満禁止)の指定を受けました。

『あさき夢みし』 (1974年)
カラ—/日本/1974年公開/約120分
© 1974實相寺知佐子/ATG
【物語】13世紀後半、由緒ある貴族の家に生まれた四条は、幼いときから上皇のもとで愛され、美しい女性に成長した。宮廷での愛欲や男たちに翻弄され、次第にその生き方に空しさを覚え、諸行無常の思想に傾倒、幼いころより憧れていた西行のように生きたいと、旅に出るー。
【スタッフ】 ●監督:実相寺昭雄●製作:東條あきら●脚本:大岡信●撮影:中堀正夫●美術:池谷仙克●編集:浦岡敬一●音響効果:小森護雄●音楽:広瀬量平●助監督:佐藤静雄
【キャスト】ジャネット八田、花ノ本寿、寺田農、岸田森、丹阿弥谷津子、原知佐子、三条泰子、東野孝彦、篠田三郎、小川順子、小松方正

【商品情報】
■「atg 実相寺昭雄ブルーレイBOX 」(KIXF-90314〜90317)
収録タイトル: ①『無常[HDニューマスター版]』、②『曼陀羅[HDニューマスター版]』、③『哥(うた)[HDニューマスター版] 』、
④『あさき夢みし[HDニューマスター版]』
収録時間:4作品合計 約 521 分(①:約146分/②:約135分/③:約120分/④約120分)
■発売日:2015年11月18日(水)
■価格:ブルーレイBOX ¥19,200+税/DVD各¥3,800+税
■特典:解説書封入 ※予定
■発売・販売元:キングレコード
※単品ブルーレイの発売はございません。尚、DVDは単品のみの発売です。
※ジャケットデザイン、仕様などは変更になる場合があります。予めご了承ください。

執筆者

Yasuhiro Togawa