『マージン・コール』で初監督ながらアカデミー賞ノミネート、『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』の2作品でハリウッドの次世代を担う旗手と称えられるに至ったJ・C・チャンダー監督最新作である緊迫の社会派ヒューマンドラマ『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』が、10月1日(木)よりTOHO シネマズ シャンテ他にて全国順次公開致します。

ビジネスの現場で経営者が強いられる壮絶な危機を、圧倒的クオリティと息もつかせぬ緊迫感で描き、本年度映画賞を席巻した本作。
主人公の経営者アベルには『インサイド・ルーウィン・ディヴィス 名もなき男の歌』、『スターウォーズ/フォースの覚醒』他、目下人気急上昇中の実力派俳優オスカー・アイザック。夫の成功を支えつつも家族を守りたい妻アナにはアカデミー賞に2度ノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』ジェシカ・チャステイン。

『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』は昨年全米公開され、24の映画賞の40部門にノミネートされ、ナショナルボードオブレビューで作品賞、主演男優賞、助演女優賞をはじめ、ゴールデングローブ賞で助演女優賞ノミネート、ほか6部門に輝きました。

この度、解禁となる予告編では、1981年のニューヨークを舞台に、オイルビジネスでアメリカン・ドリームを叶えようとした実直な移民の青年実業家アベル(オスカー・アイザック)が、成功一歩手前で奈落の底に突き落とされ、必死に這い上がろうとする緊迫の30日間を、垣間見ることができる。
冒頭、妻アナ(ジェシカ・チャスティン)の「夫は高潔な人間」のセリフから、物語の中心となるアベル(オスカー・アイザック)の性格が表現されている。

アベルは、事業拡大のためにユダヤ人の土地の購入を計画、手付金として全財産を支払うのだ。30日以内に残金を渡さなければ、その金は返ってこない。まさに人生を賭けた取引だった。
しかしその直後、積荷のオイルの強奪、脱税による嫌疑…次々にトラブルがのしかかる。悪い噂は一気に広まり、ついに銀行から融資を断られ、信頼していた妻アナとの間にも亀裂が。刻一刻と破産が迫るなか、孤立無援のアベルはトラブル解決のために奔走するー。期限はわずか30日—。

予告編::http://youtu.be/zKgCw6MDrnM

J・C・チャンダー [ 脚本/ 監督/ 製作]コメント

僕の人生だって白黒はっきりした選択なんて、今まで一度もなかった。
いつだってグレーだったんだ。そういうグレーな領域にこそ、
人間を描き出すヒューマンストーリーは見つかるものだ。今回もそこを描いたつもりだ。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=53749

執筆者

Yasuhiro TogawaYasuhiro Togawa