8 月 9 日公開のハリウッド超大作『パシフィック・リム』。
本作は太平洋(パシフィック)の深海から突如出現し、地球を絶滅の危機に陥れる未知なる“KAIJU”と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器“イェーガー”との壮絶な戦いを、ハリウッド最先端の VFX を駆使して描いたSFスペクタクル超大作。世界中で熱狂的な支持を集めるギレルモ・デル・トロ(『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズ)が監督を務めた渾身の作品です。

メキシコ出身で、スパニッシュ文化圏からハリウッドに参戦した映画監督、ギレルモ・デル・トロ。彼は当時無名の俳優を主演に抜擢し、世界的大ヒットとなった『ヘルボーイ』や、アカデミー賞をはじめ、世界中の映画賞を受賞した傑作『パンズラビリンス』などで、ハリウッドの一流監督となった彼が作りだす唯一無二の映像世界は、世界中で多くの熱狂的ファンを生み続け、その動向が最も注目されるハリウッド監督の一人である。
そんなギレルモ監督は自他ともに認める<ハリウッドNo1の日本オタク>としても知られており、メキシコで過ごした幼少期に、テレビを通じて日本のアニメや特撮作品本編に慣れ親しみ、世界で一番影響を受けたクリエイターは宮崎駿と語り、押井守や大友克洋、高畑勲、樋口真嗣など多くの日本人クリエイター達との親交も深い。

今回、ギレルモ監督自らがアニメーター・マンガ家として世界でも活躍をしている寺田克也氏にラブコールを送り、本作をイメージしたポスターが完成致しました!
寺田氏は、独特の色彩と繊細なタッチを持つ画風でゲームやアニメ、「仮面ライダー」シリーズや「ゴジラ」等の実写映画のキャラクターデザインを行うだけでなく、小説の表紙や挿絵も描く等幅広い分野で活躍する世界屈指のクリエイター。
世界でも多くのファンを寺田氏は本作鑑賞後に「デルトロ監督の畢生の、このロボット VS 怪獣映画もまたマスターピーーーーーース!!!!!」と熱烈なコメントを寄せており、繊細かつ力強い独特のタッチ 
で描かれたポスタービジュアルを見るだけでも、本作が寺田氏にとっても特別なものであるということが伺える。
さらに、web限定で公開されている世界各国のイラストレーターたちが描いたポスターが日本限定で一堂に集められ、なんと7月27日(土)よりSHIBUYA TSUTAYAの店内エスカレーターをジャックすることが決定致しました!
公開まで2週間を切った今、日本の若者文化の最先端“渋谷”を拠点に、映画『パシフィック・リム』にインスパイアーされた世界各国のイラストレーターのクリエイティブを発信致します!

「LOVE ROBOT KAIJU 展」
・場所:SHIBUYA TSUTAYA
・時期:7 月 27 日(土)〜8 月 5 日(月)
・世界各国のイラストレーターによるポスターが、店内エスカレーターをジャック!
・時期:7 月 27 日(土)〜8 月 5 日(月)

【イラストレーター マンガ家 寺田克也コメント】
監督がまだ「ヘルボーイ」を撮る前に日本にきた時
いっしょに下北沢の寿司屋で飲みました。
監督は卵焼きを大変気に入りました。
お代わりを何度もした挙句、拳を突き上げて
「タマゴ イズ マスターピース!!!!(卵焼きは本物の傑作だ!!)」と連呼しました。
楽しい夜でした。
だから言おう!
そんなデルトロ監督の畢生の、このロボットVS怪獣映画もまた
マスターピーーーーーース!!!!!であると!


【ギレルモ・デル・トロ監督コメント】
「寺田さんは、現在活躍中のアーティストの中で、私が特に好きな人のひとりです。
彼のアートは東西の文化、ハイテクと英雄的なヒューマニズムが融合しており、
独自の感性が際立っています。
私は『パシフィック・リム』を異文化をつなぐ架け橋にしたいと、心を込めて作りましたが、
それはまさに彼のアートと共通するテーマであると思います。
今回、寺田さんとコラボレーションできたことはとても光栄であり、
深く感謝しています。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=51022

執筆者

Yasuhiro Togawa