9月21日(土)より日本公開される『怪盗グルーのミニオン危機一発』 (原題「Despicable Me 2」)が7月3日より全米公開され、初登場1位を獲得。ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンターテインメントのクリス・メレダンドリがタッグを組んで製作したアトラクション3Dアニメーションである本作は、公開前の評判も非常に高く、3,956館で公開、初日興収34,300,000ドル(7月3日)で全米ランキング1位という大ヒットスタートを記録しました。また、それに伴いまして日本での先行上映情報も解禁、さらには本ポスターも到着いたしました。

 本作はユニバーサルが初めて3DCGアニメーション市場への本格進出に成功した前作に引き続き、超大ヒットを記録しております。これから週末にかけて5日間の興収予測は、1億5000万ドル前後とされ、本年度アニメーション作品のNo.1を記録する可能性が高くなっております。また、先行して公開されたイギリスでは、ユニバーサル映画史上No.1のオープニングを飾っており、公開初日の大ヒットを受けて、ここ日本では『怪盗グルーのミニオン危機一発』が9月21日(土)の全国公開に先駆け、9月14日(土)より先行上映されることが決定。全世界で5億ドルをあげ、人気シリーズとなった本作を、1日でも早く体験してもらいたいという思いにより実現しました。

先行上映が行われる9月14日(土)〜16日(月・祝)の3日間は、シルバーウィークスタートの時期。秋の行楽シーズンということもあり、家族や友人でそろって本作を大スクリーンで観られるチャンス。3Dの良さを最大限に引き出したアトラクション感満載の本作は、まさに近場でテーマパークのアトラクションを体験できる楽しさを味わわせてくれる。
全米をはじめ、世界中で話題沸騰の中、公開順としては大トリを務める日本。映画館の大画面で楽しむことを念頭に製作された本作に、すべての映画ファンが映画館鑑賞の魅力に魅了されるはず。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=51097

執筆者

Yasuhiro Togawa