1992年、26歳という若さで急逝し、その後20年以上の時を経た今もなお、多くのファンを惹きつけるだけでなく、新たなファンを生み続けている、伝説的シンガーソングライター尾崎豊。
 映画『シェリー』は、尾崎豊と同時代を生き、彼の歌を心の支えにする青年の姿を通して、現代を生きるわたしたちにも通じる、いまを生きる意味と、明日を生きる希望を描いた物語です。
 
シェリー映画ファンド
  1980年代後半に当時の若者にカリスマ的な人気を誇った伝説の歌手、尾崎豊が1992年に急死して21年になります。アルバム『回帰線』に収録されたシェリーは尾崎が神田川を見ながら考案した自らの脆弱な心情を吐露した名曲です。
 昨年、このシェリーをモチーフに、当時の青春群像を描いた映画「シェリー」が制作されましたが、資金不足から、劇場公開が出来ていません。
 当『シェリー映画ファンド』は、この作品の劇場公開を応援するファンドです。資金は、主に映画著作権購入と広告宣伝に充てられ、その興行収入、グッズ販売収益等を分配原資とします。是非、この映画の劇場公開を応援ください。
 
 ◇『シェリー』投資ファンドURL
 http://shelly-movie.com/
 

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=51568

執筆者

Yasuhiro Togawa