昨年、11万人を動員した「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。今年も2013年9月13日(金)〜9月16日(月・祝)に「第6回したまちコメディ映画祭in台東」の開催が決定いたしました。「したコメ」は浅草、上野という東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭です。
「映画(Cinema)」「したまち(Old town)」「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせることで、映画人、喜劇人、地元の皆さん、映画・喜劇を愛する皆さんが一体となって盛り上がれる、他にない魅力を持った、住民参加型の映画祭となっています!

 第1回:しりあがり寿、第2回:五月女ケイ子、第3回:吉田戦車、第4回:リリー・フランキー、第5回目:みうらじゅん と、名だたる漫画家、イラストレーターが担当してきた、したコメ メインビジュアル。第6回目となる今年は、辛酸なめ子が担当!
 この度、辛酸なめ子が手掛ける「第6回したコメ」メインビジュアルが完成いたしました!辛酸さんのユニークな世界観で、上野・浅草の名所を妖怪と化した名物の行列が描かれています。

<辛酸なめ子(しんさんなめこ・38)漫画家・コラムニスト>
プロフィール
1974年、東京都生まれ、埼玉県育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。漫画家、コラムニストとして活動。著書は『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)、『霊的探訪』(角川書店)、『セレブの黙示録』(朝日新聞出版)など。 最新刊は「辛酸なめ子のつぶやきデトックス」(宝島社)

辛酸なめ子 コメント
 江戸の文化が残る台東区。きっとどこかに妖怪も息をひそめてひっそりと生きているはず……と思い、台東区にちなんだ妖怪を考えてみました。歌川国芳、葛飾北斎、河鍋暁斎、etc……江戸時代の妖怪絵師の出世パワーにあやかり、映画祭の成功を祈念いたします。

いとうせいこう コメント
 地元を盛りあげながら世界中のコメディファンと交流する「したコメ」も第六回。皆様のおかげで着々と老舗化しております。今回は台東区在住の辛酸なめ子さんにビジュアルをいただき、よりローカルな熱気を感じていただきます。
 目指すはグローバルなローカル、グローカル映画祭です。

したコメ 個人スポンサー 絶賛募集中!
 したコメを気に入ってくださり、主旨にご賛同頂ける個人スポンサーを大募集します!一緒にしたコメを盛り上げてみませんか?
 【ご協賛金】10,000円(1口)
 【申し込み方法】公式HP(www.shitacome.jp)より、
        申込フォームに必要事項を入力、送信
【申込〆切】2013年7月19日(金)※定員に達し次第終了

短編コンペティション したまちコメディ大賞2013 絶賛募集中!
今年で5度目になります「したまちコメディ大賞2013」では、皆さまより20分以内のコメディ映像作品を募集しています。
【審査員】みうらじゅん、いとうせいこう(したコメ総合プロデューサー)、 他
【賞】グランプリ1作品(賞金50万円、賞状、トロフィー)ほか各賞あり
【募集期間】2013年2月19日(火)〜6月12日(水)消印有効

  公式HP:http://www.shitacome.jp

執筆者

Yasuhiro Togawa