本作は、一昨年この世を去った名匠ラウル・ルイスの最後のプロジェクト。
シューティング前に亡くなったため、生涯のパートナーであるバレリア・サルミエントがメガフォンを撮り、ジョン・マルコヴィッチ、マチュー・アマルリックが主演。ほか、特別出演としてカトリーヌ・ドヌーヴ、ミシェル・ピコリ、イザベル・ユペール、キアラ・マストロヤンニ、メルヴィル・プポー等、豪華名優たちがラウル・ルイス最後のプロジェクトのために参加したことでが話題を呼びました。

新たなる出会い、切ない別れ、大切な人との死別、そして育まれる愛—さまざまな人間ドラマが、混乱の時代の中で繰り広げられる、美しき“戦争絵巻”です。

そしてこの度、バレリア・サルミエント監督の来日も決定いたしました!

1810年、ナポレオン皇帝はマッセナ元帥にポルトガル征服を命じる。フランス軍は難なくポルトガルへの進攻に成功したが、それはウェリントン将軍の罠だった…。ウェリントン将軍率いる、イギリス・ポルトガル連合軍が、フランス軍を破るまでの戦いの中で巻き起こる、数々のドラマを詩情豊かに描く壮大なる大河ロマン。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=51452

執筆者

Yasuhiro Togawa