GW大注目のスリル&サスペンス超大作「藁の楯 わらのたて」。
4月26日(金)の公開を目前に、本作が、来月15日(水)〜26日(日)まで開催される第 66 回カンヌ国際映画祭コンペティション部門へ公式に選出されることが決定した!!!!!
カンヌ国際映画祭と言えば、世界三大映画祭の一つであり、毎年数千人の映画関係者が集まり、世界各国のマスメディアから注目されることで知られる最大級の映画祭。
なかでもコンペティション部門は、世界中の 2000〜3000 本の映画の中から、わずか20本前後しか選ばれない狭き門で、最高賞であるパルム・ドールの行方にも注目が集まる。前回のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した『愛、アムール』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞したことも記憶に新しい。
三池監督が、台湾新幹線や開通直前の高速道路でのロケをするなど“日本映画の限界に挑戦”し、映画出演のオファーを受ける前から原作を読んでいた主演の大沢たかおも「映画化されるならハリウッドがするだろうと思っていた。日本映画でこの作品にトライすると聞いてすごいことだと思った」という本作は、日本映画の枠を飛び出すハリウッド級のスケールと、葛藤を抱えながら任務を全うする強くも脆い人間の姿、次の世代への希望を繊細に描いている。
海外でも熱狂的な人気を誇る三池監督。作家性の強い作品や、深く趣のある作品がラインナップされることの多いカンヌ国際映画際において、ハリウッドのようなダイナミックな展開と人間の真理を描いたドラマ性を両立させた本作がヨーロッパに認められたことは、世界における日本映画の新たな可能性を期待させる。
また、三池監督作品としては『一命』に続く2回目のコンペティション部門選出、3年連続出品となり、カンヌ常連で『キル・ビル』『パルプ・フィクション』などのクエンティン・タランティーノ監督など、世界の名だたる監督達と、名実共に肩を並べることとなる。

<大沢たかおコメント>
カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、心から嬉しいです。
昨年の夏の撮影から、スタッフとキャストが一生懸命になって様々な挑戦をしながら 完成させた映画です。世界中の映画の中から選ばれた事を光栄に思います。

<三池崇史監督コメント>
コンペティションへの招待=ビックリ&光栄です。正直申しますと意外です。それだけに大感動です。
だから、いい気になってレッドカーペットを歩いてこようと思います。それが、いい宣伝になって沢山の人に『藁の楯 わらのたて』を観ていただけると嬉しいです。そう、私はそんな小さい男です。しかし、小さいからこそ生み出せる映画がある。カンヌはそれを見逃さなかった。凄い映画祭だと思います。ありがとうカンヌ。

<主題歌・氷室京介コメント>
三池監督、出演者の皆様、関係者の皆様、カンヌ映画祭選出おめでとうございます。
世界に認められる作品に参加させて頂けた事は、大変光栄なことで嬉しく思います

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50599

執筆者

Yasuhiro Togawa