人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、ヒーローになれない“悪役”のラルフと、レーサーになれない“ひとりぼっち”の少女ヴァネロペが大冒険を繰り広げる感動の冒険ファンタジー『シュガー・ラッシュ』の劇場観客動員数が、公開から23日目で早くも<200万人>を突破。興行収入は、24億円を超え、春休みが終わっても、絶好調で爆進中だ。   ■4/14興行日現在(公開23日目)   動員:  2,037,259名   興収:  2,464,772,650円 ディズニー・アニメーション・スタジオの作品中、『シュガー・ラッシュ』の23日間で200万人突破をするスピードは、2000年に公開した『ダイナソー』(最終興収49億円)の24日目を13年ぶりに更新する史上No.1の記録。さらに、同社が配給するディズニー/ピクサー作品と比較しても、26日目で200万人を突破し最終興収40億円を叩きだした『ウォーリー』や、28日目で突破し最終興収30.2億円の『カーズ2』などを打ち破る記録。最終興収50億円を記録した『カールじいさんの空飛ぶ家』(22日目)とほぼ同じペースでの動員となっている。 3月23日(土)の全国公開当初、公開当初、劇場には春休みということもあり、家族連れをはじめ、中・高校生といったティーンが詰めかけ、平日でも初回から満席となる劇場もあった。しかし、『トイ・ストーリー』のゲーム版とも言うべきミラクルな舞台設定、さらにはディズニー・アニメーションでありながら既存の有名ゲームキャラクター達も多数登場するというユニークな展開と思いがけない感動がTwitter、Facebookといったソーシャルメディアに連日投稿され、春休みが終わった現在では20代〜40代のカップルや、大人にまで観客層を広げている。まさに、『ウォーリー』(40億円)や『カールじいさんの空飛ぶ家』(50億円)と同様、口コミで話題となり観客動員を広げ続けているのだ。 この春休み、ぶっちぎりのスタートダッシュに加え、ブレーキ知らずのこの勢いのまま、最終興収30億円突破に向け≪シュガー・ラッシュ旋風≫はまだまだ加速する!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50776

執筆者

Yasuhiro Togawa