ワーナー・ホーム・ビデオ/デジタル・ディストリビューションは、2013 年3 月13 日に『アルゴ』ブルーレイ&DVD を発売、レンタル/オンデマンド配信を開始いたします。
12 月13 日に発表された、第70 回ゴールデングローブ賞において、『アルゴ』が5 部門にノミネートされました。
ノミネートされたのは、作品賞(ドラマ部門)、監督賞、助演男優賞、脚本賞、音楽賞。発表を受け、ベン・アフレックをはじめとしたキャスト・スタッフより、喜びのコメントが届きました。

■ベン・アフレック (ドラマ部門作品賞/監督賞)
『アルゴ』をゴールデングローブ賞5部門にノミネートしていただき、本当にありがとうございます。
これはアメリカ、カナダ、イラン、そして世界中の英雄たちの勇気や熱意のおかげです。
複数の言語を話す役をこなしてくれた120 人の俳優たち、アメリカや海外の何千人ものエキストラたち、映画の製作に心血を注いでくれた何百人ものスタッフたち、そして、本日、ノミネートされたアラン・アーキン、クリス・テリオ、アレクサンドル・デプラ、全ての人たちに感謝の気持ちを贈ります。

■アラン・アーキン (助演男優賞)
助演男優賞にノミネートされたことをとても光栄に思います。
特にクリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、フィリップ・シーモア・ホフマン、そしてトミー・リー・ジョーンズといった、私が非常に尊敬している俳優たちと一緒にノミネートされたことにとても感激しています。
また、この『アルゴ』でベン・アフレックが注目を集めたことに非常に興奮しています。

■クリス・テリオ (脚本賞)
自分の初めての脚本を評価されることは、どんな脚本家にとっても素晴らしい贈り物です。
ベンが豪華なキャストやスタッフたちを決めて持ってきた台本を読んだとき、そして、今回、脚本賞にノミネートされたときは、まるで宝くじが当たったような気分でした。

■アレクサンドル・デプラ (音楽賞)
またゴールデングローブ賞にノミネートしていただいて、とても光栄に思っております。
『アルゴ』で作曲を経験したことは非常に貴重な時間でした。
そしてイランに同行させてくれたベン・アフレック、ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴ、チャイ・カーターに感謝したいと思います。
そしてこの喜びを私が作曲した音楽を演奏してくれた素晴らしい人たちに伝えたいです。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50456

執筆者

Yasuhiro Togawa