ショウゲート配給、『南極料理人』『キツツキと雨』の沖田修一が監督を務める『横道世之介』(よこみちよのすけ)が2013年2月23日より全国公開いたします。原作は2010年本屋大賞3位、第23回柴田錬三郎賞受賞の吉田修一による同名小説。主人公、横道世之介に高良健吾、ヒロイン与謝野祥子に吉高由里子、世之介の大学の友達・倉持一平役に池松壮亮、世之介が憧れる年上女性・片瀬千春に伊藤歩、世之介の同級生で女性に興味を持つことができない加藤雄介に綾野剛と豪華キャストでおくる本作。このたび、予告編映像が完成いたしました。

 主人公・横道世之介を演じる高良健吾と、世之介のガールフレンドでお嬢様育ちの与謝野祥子を演じる吉高由里子の共演は、『蛇にピアス』以来5年ぶり。解禁となった予告編では雪の降る中のキスシーンや、世之介が「大好きだよ」とささやくと、カーテンに身を隠した祥子が「わたくしも」と照れながら返事をしたり、走り出したバスの中から祥子が「世之介、だーい好き!」と叫んだりするなど二人の初々しいカップル姿がまぶしい、胸キュンポイント満載の予告編に仕上がっている。   
 また、前半はASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲で主題歌の「今を生きて」にあわせて世之介の嫌みのない図々しさや、頼みごとを断れない人のよさ、空気が読めず不器用ながらもまっすぐに生きる世之介の愛すべき人柄と、世之介が過ごした友人たちとの愛しい日々を温かく表現している一方、後半に描かれるのは世之介のいなくなった16年後の日常。前半との対比が切なく、物語の展開が気になる内容になっている。

予告編::http://youtu.be/BLhU6_1iTZs

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50156

執筆者

Yasuhiro Togawa