原作・岩井俊二×脚本・大根仁×総監督・新房昭之が最強タッグを組む、8月18日公開映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。先日、広瀬すず・菅田将暉・宮野真守に加え、松たか子他豪華声優陣の参加が発表されたことでも話題となり、公開に向け期待値が益々高まる本作。そんな2017年夏1番の超注目作品の主題歌が“DAOKO(ダヲコ)×米津(よねづ)玄師(けんし)”のコラボレーションで本作のために制作された「打上花火」に決定しました!

音楽シーンで圧倒的な存在感を放つ米津玄師が作詞、作曲、プロデュースした楽曲を米津と共に歌うのは、本作の企画が進む中で製作陣から名前が挙がった注目の女性ラップシンガー・DAOKO。中島哲也監督『渇き。』(14)の挿入歌や庵野秀明率いるスタジオカラ―による『日本アニメ(-ター)見本市「ME!ME!ME!」』の音楽をTeddyLoidと共に担当するなど、今最もクリエイターに愛される女性アーティストで、なんと新房監督もその魅力的な歌声に以前から注目していたことが判明!今作では“DAOKO×米津玄師”として、切なくも儚い世界を歌い上げます。その男女の掛け合いが、劇中で花火大会当日に恋の奇跡を経験するなずなと典道を思わせるような、映画の世界に彩りを加える名曲が誕生しました。挿入歌としては、岩井俊二の原作ドラマで主題歌として使用された「Forever Friends」をDAOKOがカバー。4月に解禁されていた本作の予告編ですでに流れており、本日DAOKOが歌唱していたことが明らかになりました。DAOKOの包み込むような独特の歌声は聴くものを惹きつけ、映画のクライマックスを最高に盛り上げます!さらに「Forever Friends」のミュージックビデオを岩井俊二がドラマのロケ地で撮影することが決定しました。

そしてこの度、新曲「打上花火」を使用した最新映像が初解禁となりました!キャラクターにも新たな命が吹き込まれ、かつてないドラマチックかつ青春の躍動感のある映像に仕上がっています。また、同時に解禁したポスタービジュアルは、照りつける夏の日差しの中、トランクを手に決意の表情で駅のホームに立つなずなと典道が描かれ、真っ直ぐにこちらを見据える2人の眼差しが印象的。夏の日に起こる2人の恋と冒険の始まりをイメージさせます。

◆DAOKOコメント
遠くに見えるおおきな入道雲や、夕焼けのオレンジが反射してきらきらとしている水面、波の音が止まない渚を、男の子と女の子が歩いている情景を浮かべながら歌いました。もうあの時のようには感じられないことばかりだけれど、聴いてくれたみなさまに、典道くんとなずながみているうつくしい世界をこの歌で感じていただけたらなと思います。今年の夏は、きっと花火のように。

 

 


◆米津玄師コメント
岩井俊二さんの原作が好きでした。夏のひとときの切なさを表現できればと思い作り始めました。
DAOKOさんの歌声も相まって、とてもいいものになったと思います。
これから映画がどういうものになっていくのかがとても楽しみです。

 

 

◆新房昭之監督コメント
プロデューサーから主題歌をDAOKOさんと米津玄師でとご提案を頂き、驚くと同時に、これはおもしろくなるなと思いました。もともと自分自身DAOKOさんに注目しており、その声とセンスに魅了されていました。また米津玄師さんとは「3月のライオン」でご一緒させていただき、その才能を目の当たりにしていました。今回はそんな二人のコラボレーションによって新たな化学反応が生まれ、素晴らしい名曲が誕生したと思います。エンディングに流れる2人の歌声が、なずなと典道の物語をより美しく輝かせてくれました。DAOKOさんと、米津さんには、本当に感謝しています。

◆岩井俊二コメント
まさかForever FriendsのPVを撮りに同じロケ地にふたたびお邪魔することになるとは人生っていろんなことがあるものです。DAOKOさんを4Kで撮りながら歳月の流れを痛感しました。かつてのドラマはKで言ったら約0.5k?当時はそんなスペックで「北の国から」も撮られていたのです。せめてフィルムで撮っていたら。ネガが残ってたら。今更ながらいろんな”If”を考えてしまいました。そんなことよりDAOKOさんによってForever Friendsが蘇ったことを祝福しないと。ありがたいです。

特報

©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=57575