©2017ルー製作委員会

星野源が主人公の声優を務めることでも大きな話題となった、現在大ヒット公開中『夜は短し歩けよ乙女』の湯浅政明監督による最新作『夜明け告げるルーのうた』が、5月19日(金)に公開となります。

この度、お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」と、本作のスペシャルコラボレーションが決定!映画の公開を記念して、「お台場イルミネーション“YAKEI”映画『夜明け告げるルーのうた』Ver.」を、2017年5月12日(金)から6月15日(木)まで点灯します。東京湾の夜景とレインボーブリッジを背景に輝くお台場のイルミネーションとして人気の<お台場イルミネーション“YAKEI”>の、本作をイメージしたスペシャルバージョン、高さ約20メートルの「台場メモリアルツリー」を中心にした全長約200mに渡る「樹木イルミネーション」では、1時間に2回、映画の主題歌である斉藤和義の名曲『歌うたいのバラッド』と連動した演出を楽しめます。約22万球の光が表現するのは、人魚の女の子・ルーが繰り出す「水の魔法」。映画の物語は、心を閉ざした少年・カイが人魚の女の子・ルーと出会うことで自分の“本当の気持ち”を素直に伝えられるようになる青春ラブストーリー。
カイのように、海辺で“本当の気持ち”を大切な人に伝えてほしいという思いから、シーサイドデートスポット「デックス東京ビーチ」でもコラボレーションが実現しました。
人の動きを感知し映像に反映する屋外体感型イルミネーション「ILLUSION DOME(イリュージョンドーム)」では1時間に2回、映画の予告編を放映します。

是非映画の世界観をイルミネーションでもお楽しみください!

©2017ルー製作委員会

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=56251