この度、世界一とも称されるボルドーワインの知られざるビジネスとワインに魅了された人々に迫ったドキュメンタリーであり、オーストラリア映画協会賞で長編ドキュメンタリー/監督賞を受賞したオーストラリア映画「RED OBSESSION(原題)」の邦題が『世界一美しいボルドーの秘密』と決定し、9/27よりヒューマントラストシネマ有楽町、テアトル梅田(10月公開予定)ほか全国順次公開することが決定した。
  
何世紀にもわたって、富、権力の象徴とされてきた、世界一と称されるボルドーワイン。しかし、その繁栄の裏には、刻々と変化する世界市場とグローバル経済とが密接に結びついている。そして今、ボルドーは、大きな危機に直面している。欧米の伝統的な顧客は減少し、中国を筆頭とする新興国の富豪によって、ボルドーは凄まじい価値まで押し上げている。2013年に赤ワインの消費量が世界一となり、すべて“を手に入れようとする中国の需要に対し、果たして伝統あるボルドーのシャトーたちは、この状況にどのように立ち向かうのか。移り変わる時代の中で、世界最上級の品質と誇りを維持してきたボルドーの知られざるワインビジネスと、ワインに熱狂し、魅入られた人々の姿に迫るーーー。

本作には、ロバート・パーカーを始めとする著名なワイン評論家、世界的なワインコレクターの他、ワイナリーのオーナーであるフランシス・F・コッポラ監督などが出演。ナレーションは、ラッセル・クロウが務めている。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=52651

執筆者

Yasuhiro Togawa