“サスペンスの神”とうたわれた男アルフレッド・ヒッチコックと、彼を支えた妻アルマ・レヴィルとの知られざる物語を描いた『ヒッチコック』(原題:HITCHCOCK)を2013年春、全国公開いたします。
映画の完成度の高さから、全米では11月23日(金)に公開を早め賞レースに参戦した本作。12月13日(木)に発表されました第70回ゴールデングローブ賞にて、見事ヘレン・ミレンが主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされました。また、年明けに発表されます第85回アカデミー賞®メイクップ賞の、ノミネート対象となる作品に選ばれるなど、はやくも注目が集まっています。
急遽、アカデミー賞®レースに名乗りを上げた珠玉の一品。映画ファン、ヒッチコキアン(ヒッチコック・ファン)ならずとも、要注目の作品です!

この度、映画『ヒッチコック』のポスター画像を初公開いたします。アカデミー賞®の赤絨毯を連想させる背景をバックに、特殊メイクを施したアンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンの主演二人が並ぶ、目を引くポスター画像です。ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)の片手には、『サイコ』のシャワーシーンを彷彿させる包丁を、また一方の手では妻アルマ(ヘレン・ミレン)を優しく抱きかえ、『サイコ』の成功に至るまでの道のりと、ふたりの天才の知られざる物語を想像させ、ヒッチコック本人同様、ウィットに富んだビジュアルに仕上がっています。

“サスペンスの神”ヒッチコックと、その神を創った妻アルマ。──ふたりの天才の知られざる物語。
“サスペンスの神”と崇められたヒッチコックだが、その作品の評価とは裏腹に監督として“アカデミー賞®に嫌われた男”でもあった。そんな無冠の帝王の心の葛藤と逆境を支え続けた女性がいる。彼女の名は、アルマ。優れた映画編集者にして、ひらめきに満ちた脚本家であり、ヒッチコックの生涯ただ一人の妻だ。映画『ヒッチコック』は、神と、その神を創った妻による、『サイコ』の成功に至るまでの道のりとふたりの天才の知られざる物語を、時にユーモラスに、時にドラマチックに描いた感動作だ。
主演は『羊たちの沈黙』でアカデミー賞®主演男優賞を受賞し、「サー」の称号をもつ英国最高峰の演技派、アンソニー・ホプキンス。妻アルマには、『クィーン』でアカデミー賞®主演女優賞を受賞し、「デイム」の称号をもつヘレン・ミレンと、ここに英国を代表する二大アカデミー賞®俳優の初競演が実現!さらに、スカーレット・ヨハンソン、ジェシカ・ビールなど、豪華キャストが集結。アンソニー・ホプキンスが特殊メイクを施し、ヒッチコックの人間性に迫った圧倒的な演技も見ものです。
急遽、アカデミー賞®レースに名乗りを上げた珠玉の一品。映画ファン、ヒッチコキアン(ヒッチコック・ファン)ならずとも、要注目の作品です!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50976

執筆者

Yasuhiro Togawa