この度、オスカーの前哨戦と言われるNY映画批評家協会賞が現地時間12月3日に発表され、『ゼロ・ダ−ク・サ−ティ』が作品賞、監督賞、撮影賞の3部門を受賞いたしました。『ハート・ロッカー』に続く、2度目の作品賞、監督賞受賞となり、オスカー最有力の作品として期待が高まります。

2011年5月2日に実行されたオサマ・ビンラディン捕縛作戦、さらに暗殺。 2001年9月11日からその日まで、実際にはどんな計画が立てられ、何が行われてきたのか。これまで明かされてこなかった真実が、 『ハート・ロッカー』でアカデミー賞作品賞・監督賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督の手により、遂に世界に知らされる。

11月に行われたアメリカ大統領選への影響が懸念され、かん口令がしかれていた本作は、ビンラディン捜索から捕縛に至るまでの道のりを事実に基づき忠実に描くとともに、追跡劇に関わった人々の苦悩を衝撃的かつ赤裸々に、そしてリアルに再現した内容になっているという。主演のジェシカ・チャステインは、この作戦に加わり、テロリストの追跡を専門に活動する若きCIA分析官・マヤを演じる。ビンラディン殺害は、襲撃を行ったネイビーシールズばかりに注目が集まっているが、実際には一人の女性が大きなカギを握っていた。長きにわたりその存在を追跡し、使命か執念か、ビンラディンを追いつめていくマヤをジェシカがどう演じるかに期待が高まる。

12月19日全米での限定公開前に、早くもアカデミー賞候補としての呼び声が高い本作は、日本で2013年2月15日(金)に公開する。

※ゼロ・ダーク・サーティ:米軍軍事用語。午前12:30を表す。今回の捕縛作戦を決行した時刻。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50890

執筆者

Yasuhiro Togawa