一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシル(JAPIC)は、文化庁の委託を受け、2012年11月29日から12月3日までの5日間、韓国の釜山で「映画とアニメーションの万華鏡」を開催いたします。この事業は、2004年より続く文化庁委託事業「アジアにおける日本映画特集上映事業」として実施され、韓国における日本文化への理解や親しみの深化を図るとともに、映画・アニメーションの分野における若手を中心とした人材交流、人材育成を目的とします。

通算9回目となる本年度は、昨年度に引き続き、釜山の「映画の殿堂」で開催します。長編11作品、短編36作品、合計47作品で構成し、新作を中心とした多彩なプログラムによって、日本の映画とアニメーションの現在を紹介します(実写作品8プログラム、アニメーション作品7プログラム)。

オープニング作品は、上海国際映画祭最優秀脚本賞受賞など海外の映画祭を席巻した本年の日本映画を代表する話題作『鍵泥棒のメソッド』。そして一般プログラムでは、韓国未公開の注目作、異色作をラインナップしています。本年は若手の新作だけでなく、新藤兼人監督の遺作『一枚のハガキ』、今年12月に生誕100周年を迎える木下惠介監督の代表作のひとつ『カルメン故郷に帰る』(デジタル・リマスター版)など巨匠の作品にもフォーカスし、巨匠による遺産を継承する日本映画の“現在”という一面も紹介します。また、「機動戦士ガンダム」などで知られる日本を代表するアニメーション制作会社「サンライズ」の珠玉の短編集や新進のアニメーション作家たちの学生時代の傑作を集めた「ICAF から羽ばたいた作家たち」「タマグラアニメーションの軌跡」、文化庁が実施している人材育成プログラムで製作された作品を中心とした「ndjcビヨンド」など、本事業独自のプログラムを通して多層的な日本の映像文化を紹介します。
なお、作品の上映以外にも、12月2日には「映画から何を学ぶか」と題したシンポジウムを予定しています。

【開催概要】
事業名 : 平成24年度アジアにおける日本映画特集上映事業
行事名 : 映画とアニメーションの万華鏡
会期 : 2012年11月29日(木)〜12月3日(月)
会場 : 映画の殿堂(釜山広域市海雲台区)
内容 : 映画・アニメーション上映、シンポジウム
主催 : 文化庁
共催 : 財団法人映画の殿堂、一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシル
後援 : 韓国文化体育観光部、釜山広域市、在釜山日本国総領事館
協力 : 韓国映画振興委員会、国際交流基金ソウル日本文化センター、日本アニメーション
学会、日本アニメーション協会、一般社団法人日本映画製作者連盟、一般社団法人日本動画協会、公益財団法人ユニジャパン

【上映プログラム(全15プログラム)】
<実写作品>
1. オープニング作品
 『鍵泥棒のメソッド』 内田 けんじ監督(2012 年/128 分)
2. 『一枚のハガキ』 新藤 兼人監督(2011 年/114 分)
3. 『Railways 〜愛を伝えられない大人たちへ〜』 蔵方 政俊監督(2011 年/123 分)
4. 『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』 入江 悠監督(2012 年/110 分)
5. 『この空の花 —長岡花火物語』 大林 宣彦監督(160 分/2012 年)
6. 『桐島、部活やめるってよ』 吉田 大八監督(2012 年/103 分)
7. <ndjc ビヨンド> 122 分
 『あかり』 谷本 佳織監督(2012 年/27 分)
 『嘘々実実』 藤澤 浩和監督(2012 年/29 分)
 『バルーンリレー』 藤村 享平監督(2012 年/66 分)
8. 『カルメン故郷に帰る』 木下 惠介監督(1951 年/86 分/デジタル・リマスター版)

【アニメーション作品】
9. 『劇場版マクロス F 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜』 河森 正治監督(2011 年/115 分)
10. 『ギョ』 平尾 隆之監督(2011 年/70 分)
11. 『ドットハック セカイの向こうに』 松山 洋監督(2012 年/111 分)
12. <3DCG の到達点 珠玉のサンライズ特集> 91 分
 『新 SOS 大東京探検隊』 高木 真司監督(2006 年/40 分)
 『コイ☆セント』 森田 修平監督(2010 年/25 分)
 『九十九』 森田 修平監督(2012 年/14 分)
 『火要鎮』 大友 克洋監督(2012 年/13 分)
13. <鬼才の迷宮 黒坂圭太特集> 84 分
 『みみず物語』 (1989 年/15 分)
 『春子の冒険』 (1991 年/14 分)
 『緑子/MIDORI-KO』 (2011 年/55 分)
14. <ICAF から羽ばたいた作家たち> 69 分
 『睡蓮の人』 村田 朋泰監督(2000 年/16 分)
 『男伊達』 森田 修平監督(2001 年/1 分)
 『自傷考』 深瀬 沙哉監督(2002 年/7 分)
 『新聞史』 田中 紫紋監督(2003 年/7 分)
 『百怪ノ行列 浅草キケン野郎〜泣くな!恋の鉄砲玉〜』 沼口 雅徳監督(2003 年/3 分 03秒)
 『コタツネコ』 青木 純監督(2005 年/1 分 20 秒)
 『診察室』 大山 慶監督(2005 年/9 分)
 『おばあちゃんの作業部屋』 中田 彩郁監督(2005 年/2 分 54 秒)
 『かなしい朝ごはん』 一瀬 皓コ監督(2006 年/2 分 28 秒)
 『迷走赤ずきん』 pecoraped 監督(2007 年/5 分 43 秒)
 『雲の人 雨の人』 上甲 トモヨシ監督(2007 年/6 分 34 秒)
 『春のしくみ』 和田 淳監督(2010 年/4 分)
 『フミコの告白』 石田 祐康監督(2009 年/2 分 22 秒)
15. <タマグラアニメーションの軌跡> 88 分
 『Jazz a go go −看護な一日』 山中 幸生監督(2000 年/3 分 20 秒)
 『摩訶不思議』 坂本 サク監督(2000 年/11 分)
 『ROBOTTING』 加藤 久仁生・クリハラ タカシ監督(2000 年/4 分 10 秒)
 『月夜の晩餐会』 坂井 治監督(2001 年/2 分)
 『てんとう虫のおとむらい』 近藤 聡乃監督(2006 年/5 分 38 秒)
 『NATUNAL』 森川 耕平監督(2003 年/6 分 05 秒)
 『FANTASTIC CELL』 水江 未来監督(2003 年/6 分 50 秒)
 『smallhouse』 西野宮 桂太監督(2004 年/5 分 40 秒)
 『鬼』 細川 晋監督(2004 年/9 分 11 秒)
 『東京タワーゲーム』 寒川 賢志監督(2004 年/2 分 41 秒)
 『ネコの人とウマの人』 永迫 志乃監督(2007 年/3 分 05 秒)
 『To Tomorrow From Tomorrow』 洞口 祐輔・大石 拓郎監督(2007 年/13 分 29 秒)
 『オーケストラ』 大川原 亮・小川 雄太郎・奥田 昌輝監督(2008 年/6 分 40 秒)
 『ようこそぼくです』 姫田 真武監督(2011 年/9 分)

【交流プログラム】
シンポジウム 「映画から何を学ぶか」
日時 : 2012年12月2日(日) 16時10分〜17時40分
パネラー : 北川れい子氏(「映画とアニメーションの万華鏡」作品検討委員、映画評論家)、吉田大八氏(『桐島、部活やめるってよ』監督)、
  キム・イソク氏(東義大学校映像情報大学映画学科教授、映画の殿堂講師)、パク・インホ氏(釜山インディペンデント映画協会委員、映画の殿堂講師)
司会 : 佐伯知紀(文化庁主任芸術文化調査官、日本映画史研究者)

執筆者

Yasuhiro Togawa