エイダを捕らえるジルの目的とは?!

ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン、アリスと、世界をアンデッド化した元凶アンブレラ社との戦いを描き、世界中で大ヒットした『バイオハザード』シリーズ。1作ごとにスケールとパワーを増しつつ、それぞれ独立した作品としても楽しめる本シリーズの第5作『バイオハザードV:リトリビューション』が、前作に続き3Dで9/14に日米同時公開となる。

この度、ついにファンが待ち望んだジル・バレンタインの写真が解禁となった。前作『バイオハザードIV アフターライフ』の最後に、戦闘部隊を引き連れて、アリスを倒すべく登場したジルは、『バイオハザードⅡ アポカリプス』の面影は薄く、胸にアンブレラ社の金属デバイスを装着し、完全なるアンブレラ社の戦闘員と化していた。最新作では、前作のラストからスタートし、かつての盟友が敵と化す、アリスVSジルの悲しきバトルがスタートする。今回解禁となった写真では、ジルが燃え上がる炎をバックに、銃をかまえる壮絶な表情が印象的だ。この銃の前には、敵となってしまったジルに驚愕するアリスがいるのだ。

更に、ジルがエイダ・ウォンを捕らえ、連行している写真も解禁になった。ゲームファンには馴染みの深い二つのキャラクターがこのような形で共演するのは、ゲームの大ファンであるポール・W・S・アンダーソン監督ならではの演出だと言えよう。ジルがエイダを捕らえ、殺さずに生かしておく理由とは?エイダは本当にアリス味方なのか?

謎に包まれたストーリーの一部も明らかになり、『バイオハザードⅢ』から、アリスの宿敵として死闘を繰り広げてきたウェスカーが、彼女を救出するという予想だにしない事実が判明。ウェスカーはなぜ、アリスを救うのか?今回、解禁となった写真では、窓を土嚢でブロックしたホワイトハウスのアメリカ大統領執務室の椅子に座るウェスカーだが、今回の彼の周りにはアンブレラ社のマークが一切無い。常にアンブレ社のマークを背負い登場していたウェスカーに、一体、何が起こったのか?アンブレ社を統率するのは、一体誰なのか?

かつて仲間として共に戦った友が敵となり、これまで憎み倒すことだけを考えてきた宿敵が自分を助ける。アリスの壮絶な運命が動き出す—!     
*リトリビューション=報復、天罰

監督:ポール・W・S・アンダーソン   
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー、リー・ビンビン、中島美嘉

【公式HP】http://www.biohazard5.jp   
【Facebook】http://www.facebook.com/BiomovieJP
【Twitter】http://twitter.com/biomovieJP  #映画バイオハザードV

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49796

執筆者

Yasuhiro Togawa