黒沢清×役所広司のゴールデン・コンビ再び!

監督:黒沢清×プロデューサー:一瀬隆重 初の強力タッグ!!

役所広司、小西真奈美、伊原剛志、平山広行、オダギリジョー、加瀬亮
オールスターキャストによる、黒沢清監督初の本格ミステリー

「あなただけ許します…」
刑事・吉岡(役所広司)の周辺で勃発する連続殺人事件…。捜査し犯人を追い詰める立場であるはずだった吉岡だったが、妙な感情に揺れ始める。自分が犯人ではないのか…ガイシャの周辺に仄かに残る自分の痕跡、残滓…そして自分自身の記憶すら自らの潔白を何も語らないのだ。
苦悩する吉岡を遠い視線で見つめる春江(小西真奈美)。もう随分と長い関係だが、その距離感は微妙だ。現存する時間の流れすら、いつしか遥か過去のような二人の関係。
吉岡の同僚・宮地(伊原剛志)も疑惑の目線を吉岡に向け始め、友情と職責の狭間で苦悶する。
一方消えかけた記憶と過去に怯える吉岡は一人、精神科医・高木(オダギリジョー)の元を訪れ、カウンセリング施療を開始するも、しかし脳髄を包む濁った靄は消え去ることはなく…。
そんなある日、第一の殺人現場を、まるで自分自身を確かめるようにうろつく吉岡を不気味な「叫(さけび)」が襲う!儚くも物哀しい細い女の悲鳴のような…。「あなただけ許します…」
自らの二重人格者のような過去に苦悩する吉岡、そんな吉岡を氷のような無表情さで見守る春江、いつしか刑事という職責を超え事実解明の犠牲となる宮地、高度なカウンセリングを駆使するも吉岡の闇を消せない精神科医・高木、そして吉岡に「この船に乗って、裏側を覗いてみないか…」と謎めき誘う作業船の男(加瀬亮)…。
謎が闇を呼び、これは現実なのか、それともどこか別の世界なのか…濁った水と黒い闇の糸で繋がれた人々の運命の物語は、静かに現在と過去、いや過去と現在間で絡み合い…吉岡は知らぬ間にその秘密に巻き込まれていく…。
そして物語の果てには、想像しえないエンディングが待ち受ける。今、明らかになる「叫(さけび)」の正体とは、「あなただけ許します」に隠された秘密とは…!?

世界各国からも熱狂的な支持を得る巨匠・黒沢清監督が、巧妙かつ幻想的な迷宮の世界を、精緻でレトリックな手法でスクリーン上に紐解く。そして、主演には、役所広司、小西真奈美、伊原剛志、

平山広行、オダギリジョー、加瀬亮とオールスターキャストが終結。ここに、黒沢清監督初の本格ミステリーが誕生した。

黒沢清監督からのコメント

「叫」はともすると差別されてもおかしくない難しいジャンルの映画です。こうした作品を堂々と特別上映作品として選んで頂いたヴェネチア国際映画祭の見識の高さと、すべての映画を公平に見ようとする姿勢に、大いに感謝しております。

役所広司さんからのコメント

この映画は、過去を消去し、逃げて生きてきた人間が徐々に真実を突きつけられるという、人間の心の中の恐怖を描いた映画です。映画祭でどんな反応が出るのか、とても楽しみです。

2006年/日本映画/カラー/35mm/ヴィスタサイズ/DTS/104分
監督・脚本:黒沢清 プロデューサー;一瀬隆重
出演:役所広司、小西真奈美、伊原剛志、オダギリジョー、加瀬亮
製作:エイベックス・エンタテインメント、TBS、日活、ENTERTAIMMENT FARM、オズ

■配給:ザナドゥー×エイベックス・エンタテインメント
2007年陽春、シネセゾン渋谷、新宿武蔵野館他にて全国ロードショー!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=44984