1962年に製作された日本で最初のピンク映画を配給した大蔵映画。
それから56年、「OP PICTURES」(オーピー ピクチャーズ)名義で、
年間36作品コンスタントにピンク映画を製作。そんな大蔵映画が、ピンク映画をより多くの方に観ていただけるよう、
従来のR18+とは別にR15+バージョンを製作し、エロティックな世界観はそのままに、老若男女問わず楽しめる
バラエティ豊かな作品をお届けしているのが、2015年から始動したプロジェクト「OP PICTURES+」(オーピー ピクチャーズ プラス)。

毎年、テアトル新宿で開催されるフェスは、今年で4年目を迎えます。2016年は全9作品、2017年は全13作品と徐々に規模を拡大。
先日、授賞式が行われた「日本映画プロフェッショナル大賞」では、長年の功労に対して、特別賞を受賞。認知度と集客力を上げ、
今年は、8月25日(土)から、9月14日(金)の3週間に渡って、めくるめくプログラムとイベントを実施いたします。

「OP PICTURES+フェス2018」
【日程】:8月25日(土)~9月14日(金) ※9月8日(土)休映
【会場】:テアトル新宿 東京都新宿区3-14-20 新宿テアトルビルB1F
【作品】:18作品上映予定
www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus/

つきましては、劇場鑑賞券のプレゼントを実施いたします。

『OP PICTURES+フェス2018』劇場招待券プレゼント概要
【人数】:3組6名様 
【締め切り】:8月20日 23時59分

*テアトル新宿開催期間中のみ有効です。
*全18作品、どの作品でもご利用頂けます。