この夏、湘南を舞台にした高校生たちの青春を描いた劇場用オリジナルアニメーションを公開いたします。テーマは“声の力”。“声”にはメールやSNSなどにはない“力”がある―。
そんな“声”の力を今の時代だからこそもう一度信じてみたい。本作『きみの声をとどけたい』はそんな想いから制作を開始しました。
メインキャストに 2016 年 8 月にオーディションを勝ち抜いた新人声優ユニットの“NOW ON AIR”の 6 人と三森すずこが担当、高校生たちが起こす小さな“キセキ”の物語です。制作は『時をかける少女』『ちはやふる』のマッドハウスが担当します。

『きみの声をとどけたい』の公開を記念し、10 組 20 名様を試写会にご招待します。

【日程】:8 月 9 日(水) 18:00 開場/18:30 開演
【場所】:よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1読売会館7階)

【締め切り】:7月30日(日)23:59

<ストーリー>
舞台は湘南。
高校生たちの友情、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”――。
海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている 16 才の少女。
「言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――」
小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさは信じていた。
ある日、古びたミニ FM ステーションに迷い込んだなぎさは DJ の真似事をする。
「本気のコトバは、本気の願いは、いつか現実になるんです!」
すると、偶然にも放送されたコトバは 思いがけない人に届いていた――。

©2017「きみの声をとどけたい」製作委員会
『きみの声をとどけたい』 8月全国公開