この度解禁されたポスタービジュアルでは、 「その紅い部屋は、何を意味するのか」のキャッチコピー通り、紅く染められた部屋をイメージし、ひび割れて血に染まったガラスに横たわる、主人公・如月塔子演じる木村文乃に目を引かれる鮮烈なビジュアルに仕上がった。
禍々しさを感じさせる本ビジュアルからは、【殺人分析班】メンバーが直面するシリーズ史上最も大胆かつ複雑で、一筋縄ではいかない猟奇殺人事件を連想させ、大好評だった前作にも勝る緊迫感あふれる物語を予感させるポスターになった。
また追加キャストとして、前回に引き続き、古川雄輝、神野三鈴、仲村トオルが、本作から新たに勝村政信の出演が決定。
前作「石の繭」では【セメント漬けの殺人事件】、そして本作「水晶の鼓動」では【深紅に染められた部屋での殺人事件】と、それぞれで起こる特殊な事件を印象的にビジュアル化した「殺人分析班」シリーズ。11月6日(日)夜6:00からはシリーズ1作目「石の繭 殺人分析班」が一挙放送、そして最新作「水晶の鼓動 殺人分析班」は11月13日(日)夜10:00から放送スタートする。

【ストーリー】
警視庁捜査一課十一係の刑事、如月塔子(木村文乃)は、日本中を震撼させた連続殺人犯“トレミー”の事件を解決に導いたが、1年たってもその時に受けた“トラウマ”に苦しんでいた—。
ある日、深紅に染まった部屋での猟奇殺人事件が発生する。現場に残された手掛かりをもとに捜査を進める塔子や警部補の鷹野秀昭(青木崇高)だが、見知らぬ男に尾行されていることに気付く。その男を捕らえようとした瞬間、近くの建物で爆発が起こる。未曾有の危機に直面する警察。果たして、これは偶然なのか?そして塔子は刑事としての最大の危機を乗り越えられるのか?
シリーズ史上最も、大胆かつ複雑な事件の全貌とは?その衝撃のラストへのカウントダウンが今、始まる!

<放送情報>
■番組名 : 日曜オリジナルドラマ 「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」
■放送日時 : 11月13日(日)スタート(全5話) 毎週日曜 夜10:00 ※第1話無料放送
※前作「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」も 11月6日(日)夜6:00 より一挙放送!
<スタッフ / キャスト>
■原作: 麻見和史「水晶の鼓動 警視庁殺人分析班」(講談社文庫)
■脚本: 八津弘幸(「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」)
■監督: 内片輝(「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」)
■音楽: 諸橋邦行(「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」)
■出演: 木村文乃 青木崇高 渡辺いっけい 北見敏之 藤本隆宏 小柳友 古川雄輝 神野三鈴 ・ 勝村政信 仲村トオル

【番組特設サイト】 http://www.wowow.co.jp/dramaw/suisho

執筆者

Yasuhiro Togawa