無限の想像力を持つ独創的な映画監督、ロブ・ゾンビ。
彼の個性的な作品は、映画、音楽、出版業界など様々な分野で注目されている。
本作『31』はそんな彼が制作、監督、脚本を務めた7本目の映画作品となる。
本作は2016年のサンダンス映画祭に正式出品され、絶賛と絶望を呼んだ待望の最新作であり、
10月22日(土)より新宿シネマカリテにて公開となる。
本作の予告編が解禁となりました。

■公式サイト
http://robzombie-31.com

ハロウィンに狂った日本のみなさんにロブ・ゾンビがお届けする、ハロウィン前夜に行われる、狂気の宴!!
襲い来る狂人たちから12時間生き延びることができるか!?
ハロウィン前夜、カーニバルで働く5人の男女が誘拐され、巨大な廃墟に監禁される。
扉と窓は全て閉ざされ、彼らに逃げ場はない。
いや、一つだけ彼らに残された道があった…「31」と呼ばれる狂ったゲームを勝ち残るという道が。
捕らわれた5人は、最高に危険なゲームの人間駒と化す。
バール、ナイフ、メリケンサックを手に、12時間もの間強制的に命を懸けて闘わされることとなる。
対する相手は、ザ・ヘッズ(The Heads)…ピエロの恰好をした人殺しの狂人集団。
このモンスターたちが施設内を走り回り、見つかった者は容赦なく襲われる、12時間の地獄がスタートする。
このゲームにルールは無い。
12時間生き残った者だけが自由になれる。
さあ、始めよう。
31というゲームを。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=55241

執筆者

Yasuhiro Togawa