『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で大ブレイクし、現在“ポスト ジェームズ・ボンド”の最有力候補として世界中から熱い視線を集めるイケメン俳優トム・ヒドルストン他、世界的人気を誇る英国俳優たちが勢揃いし、SF小説の巨匠、J・G・バラードの原作を完全映画化した『ハイ・ライズ』が8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開となります。

本作の舞台となる新築タワーマンション(=ハイ・ライズ)はラグジュアリーな内装や抜群の眺望のみならず、スーパー、ジム、プールなど暮らしのためのありとあらゆる設備が整い、人々の生活の夢を具現化したかのような理想の住居空間。上階に行くにつれ住民が富裕層になっていく40階建ての高層マンションだ。

この度、このセレブ向けマンション“ハイ・ライズ”がついに一般発売開始!? 物件紹介ページオープンと合わせて映画にちなんだプレゼントキャンペーンがスタートします!
つきましては、本情報のご紹介をご検討いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
東京の厳選したリノベーション住宅を紹介するオンラインマーケット「cowcamo(カウカモ)」にて、この“ハイ・ライズ”の物件を紹介した特設ページがオープン。理想のライフスタイルを求めてここに引っ越してきた若き医師ラング、3人目の子供誕生を間近に控えるTVディレクターのワイルダー一家、このマンションを設計し最上階に住む高名な建築家ロイヤルそれぞれの“お部屋拝見”や彼らの生の声(?)、物件探しには欠かせない細かな設備紹介なども交えながら、物件としての“ハイ・ライズ”の魅力を余すことなく徹底解剖。迷わず購入意欲を掻き立てるユニークなページとなっている。また、当ページから“内見・お問い合わせ”をすると、映画の原作本/デザインが話題となっているマスコミプレス/映画の特別鑑賞券のセットが抽選で当たるキャンペーンも!

株式会社ツクルバ カウカモ事業部の石川氏は、「生活のすべてがマンション内で完結する点は利便性に優れていますし、毎夜繰り広げられるパーティーなど、住民同士の交流が活発でコミュニティが良好な点も魅力ですね。」と、不動産専門家の立場から物件としての“ハイ・ライズ”の魅力を語っている。

映画の中で描かれるのは、誰もがうらやむこのマンションである晩起きた停電をきっかけに巻き起こる、皮肉な現代社会のヒエラルキーの崩壊。パーティ三昧の贅沢な毎日を過ごしていた彼ら住人たちによる壮絶な階級闘争が勃発し、じわじわと崩壊していく様子がミステリアスかつアーティスティックな映像美で描かれる。このマンション自体もゴミや家財道具が無様にも散乱し犯罪まがいの事件も横行し始めるなど、美しき空間が見るも無様に様変わりしていくことになるのだが・・・。

【「cowcamo(カウカモ)」×映画「ハイ・ライズ」コラボ】企画概要
URL:https://cowcamo.jp/?f=high-rise
プレゼントキャンペーン:応募期間(7/15〜8/1)

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54725

執筆者

Yasuhiro Togawa