映画やテレビドラマ、舞台、漫画、ゲーム等、様々な分野で描かれ続ける真田信繁幸村。歴史に名を刻んだ<大坂の陣>から400余年、“真田イヤー”と呼ばれる今年、全国各地で大きな盛り上がりを見せている中、ついに大本命が出陣します!
2014年に大ヒットを記録したスペクタクル超大作舞台「真田十勇士」が、同作品の演出を手がけた奇才・堤幸彦監督により映画化され、9月22日(木・祝)に全国公開致します。
更に、全国公開と同時期に、堤監督演出で舞台が再演されることも決定し、<映画>と<舞台>を同時期に公開・上演するという、映画界・演劇界にとって史上初の画期的な試み、<世紀のビッグプロジェクト>としてエンターテインメント界の歴史を塗り替えます!
天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜けの武将”であった、という大胆な発想を基に、人気脚本家マキノノゾミが手がける本作。幸村を本物の立派な武将に仕立てるため、猿飛佐助が大博打に打って出る。抜け忍仲間の霧隠才蔵を筆頭に、才蔵の手下である三好兄弟(清海・伊三)、数々の戦を戦い抜いてきた由利鎌之助や筧十蔵、頭脳明晰な海野六郎や真田幸村の息子・真田大助。その大助の剣術指導者・望月六郎、更に十勇士の成りすましとして拘束されながらも、最後に迎えられる根津甚八。超個性的な10人が集まり、《真田十勇士》を結成。いざ、徳川軍との決戦に挑んで行く!一方、佐助、才蔵と幼馴染で、徳川方のくノ一・火垂や、佐助や才蔵たちの命を狙う最強の刺客・仙九郎など、個性的な忍者たちが十勇士の行く手を阻む。果たして、真田幸村、十勇士たちの運命やいかに…?
近年稀に見る圧倒的なスケールの撮影を敢行した本作には、演劇界の若き至宝・中村勘九郎をはじめ、松坂桃李や永山絢斗、大島優子といった若手実力派俳優らが集結し、切れ味鋭いアクションや殺陣を披露する。更に、加藤雅也や大竹しのぶといった、日本映画界を代表する名優も彩りを添え、誰も知らない“真田丸”の裏側を描ききる!

そしてこの度、日本が誇る<Queen of POP>松任谷由実さんが、本作の主題歌を担当することが決定しました!
これまで15本(今回が16本目)の映画主題歌を手がけてきた松任谷さんが、今の時代にしか描けない超ド級のエンタテインメントムービーとして歴史に名を残すこと間違いなしの超大型時代劇の主題歌を書き下ろします。時代劇作品への楽曲提供は、40年以上のキャリアの中、自身初となります。

■本作の見どころ
①圧倒的なスケールで描く、超ド級のエンタテインメントムービー!
昨年12月から今年2月までの約3ヶ月間、超巨大なオープンセットや超広大な敷地での大規模撮影を敢行。千葉県の山間部に約2ヶ月かけて築き上げた【真田丸】で徳川の猛攻を十勇士たちが見事に食い止める“大坂冬の陣”の激闘を描き、和歌山県加太市の超広大な敷地で、ドローンからの空撮と馬と併走する十勇士たちをバギーから激撮。向かってくる徳川軍から砲弾を受けるシーンでは、爆破により至るところで土煙が舞い上がり、よろけてしまうほどの爆風が体を押す。空と地と、様々なアングルで撮影された大迫力のシーンの数々は、映画史に新たな歴史の1ページを刻むこと間違いない!

②映画・演劇・テレビドラマと多方面で大活躍を見せる実力派俳優たちが、体を張って挑んだ切れ味抜群の壮絶アクション!
演劇界の若き至宝・中村勘九郎は、縦横無尽に地を駆け、飛び跳ね、遂には体が炎に包まれる。舞台「真田十勇士」で見せたアクションを、今度はスクリーンいっぱいに披露!過去、名優たちが演じてきた“猿飛佐助”を、抜群の切れ味で体現する。また、映画、テレビドラマ、舞台など、若き実力派俳優・松坂桃李が、クールで魅惑的な“霧隠才蔵”を、圧倒的な存在感で演じきる。華麗な刀さばきで見る者を魅了し、空を舞うワイヤーアクションで見る者に驚きを与える。更に、今や女優として映画やテレビドラマ、舞台で大活躍中の大島優子が、佐助ら十勇士の敵となるくノ一・火垂を熱演。時代劇初挑戦ながら、切れ味鋭い殺陣は俳優陣に引けを取らず、数メートルにも及ぶ樹木からワイヤーを駆使して駆け下りる姿は、見る者を釘付けにすること間違いなし。他にも、永山絢斗をはじめ、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健といった、各世代を代表する俳優陣が、様々な個性から魅せるアクションシーンに挑んでいる。

③“Queen of POP“=松任谷由実、自身初となる時代劇の主題歌を書き下ろし!
40年以上にわたり、日本の音楽シーンを牽引する松任谷由実。これまで15本の映画作品で楽曲を担当し、16本目にして初めて時代劇の主題歌を担当する。スタジオジブリ作品『魔女の宅急便』や『風立ちぬ』、『ねらわれた学園』や『私をスキーに連れてって』などの実写映画、更には、世界中で大ヒットした『リトルプリンス 星の王子さまと私』では、自身初の洋画作品に主題歌を書き下ろすなど、数多くの名作を彩ってきた。そして、超大型時代劇である本作へ主題歌を書き下ろし、「誰かに会いたい」強い願いを〝希望の火〝と見立てた新たな名曲「残火(のこりび)」は、時代を超え歴史上の登場人物と共鳴できるような普遍性を感じる一曲となっている。ユーミンファンのみならず、映画ファン、時代劇ファンが楽曲解禁を今か今かと待ち望むだろう。

■コメント
<松任谷由実>
鬱蒼とした心の戦さの只中で、激しい雨を待つような、
それが唯一の希望の火、誰かに会いたい!という強烈な願いを歌にしました。
監督、役者さん達、そして遥か時を超えた歴史上の人物達にも共鳴してもらえると思っています。

<堤幸彦監督>
○「松任谷由実さんの主題歌が決まっての感想」
ありがとうございます!!の一言です。1973年から聞かせていただいていて、『いつもそこにある心のオアシス』だったので、光栄というかもったいないというか。まさに盆暮れ正月いっぺんに来たような気持ちです。恐悦至極に存じます。
○「楽曲への期待感」
最初にデモ音源をいただいた時に「・・素晴らしい」とうなってしまいました。撮影現場にも足を運んでいただき、様々な資料もお目通しいただき、とても深く作品のタッチやテーマを掴んでいただいていると感じました。
○「本作『真田十勇士』の世界観に主題歌が加わってみて」
波瀾万丈、あっと驚くストーリー、最高のキャスティング、圧倒的VFX、巨大なセット、、、今、出来る事を全てやり尽くした活劇ですが、松任谷さんの曲が加わる事で上映が終わるまで、さらにゴージャスで贅沢な時間になったと思います。

■主題歌情報
「残火(のこりび)」(作詞・作曲:松任谷由実 編曲:松任谷正隆)

映像ポイント:
①個性的な登場人物たちが織り成すドラマの一端が明らかに!
「どうしよう〜」と不安な表情を見せていた幸村が、終盤では勇ましく十勇士を率いる姿に変貌を遂げ、打倒徳川家康!と歴史的な戦いに挑む様は、見る者の胸を熱くすること間違いなし!
ひょうきんな表情からシリアスな表情まで、中村勘九郎演じる猿飛佐助が松坂桃李演じる霧隠才蔵や若手実力派俳優演じる個性的な十勇士と共に、どのようにして腰抜けだった幸村を勇敢な英雄と変えさせたのか、物語の全貌が待ち遠しくなる映像となっている!
②爆破!疾走!火だるま!体当たりで挑んだアクションシーンは必見!
地を駆ける背後では爆破が起こり、数百人のエクストラを引き連れながら馬と並走し、全身が炎に包まれながらもアクションに挑む!CGではなく、ほぼ吹き替えなしで撮影した各シーンは、ハリウッドも唸ること間違いなし!
③新たな名曲の誕生!松任谷由実が歌う初の時代劇主題歌「残火(のこりび)」が初披露!
時代劇の主題歌を初めて担当した松任谷由実さんの「残火(のこりび)」が超大型エンタテインメント作品の世界観と融合し、真田幸村と十勇士たちが最後の戦いに挑む壮絶な心境を映し出す。見る者の心に深く染み入る「残火」、新たな名曲がここに誕生した!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54610

執筆者

Yasuhiro Togawa