「初期クローネンバーグを思わせる!」「ルイス・キャロル、グリム兄弟、アンデルセンの死体を掘り起こした」等、各映画祭で大きな反響を巻き起こしたルシール・アザリロヴィック監督最新作、映画『エヴォリューション』が2016年11月渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開決定!

本公開に先駆け6月24日(金)よりはじまるフランス映画祭2016にて上映。ルシール・アザリロヴィック監督が来日し、美しくも妖しい少女の世界を描いたガールズムービーの金字塔前作『エコール』の35㎜フィルム上映と併せてマスタークラスを入場無料にて開催。
『野火』の塚本晋也監督との対談となります。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

フランス映画祭2016
映画『エヴォリューション』

2016年6月27日(月)14:00開映
会場:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1)
登壇:ルシール・アザリロヴィック監督

詳細・チケット情報:http://unifrance.jp/festival/2016/

■映画『エヴォリューション』(2015年/81分)
監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ ほか

『エコール』の監督が贈る、最も美しい“悪夢”。
少年と女性しかいない、人里離れた島に母親と暮らす10歳の二コラ。
その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。
「なにかがおかしい」と異変に気付き始めた二コラは、夜半に出かける母親の後をつける。
そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、
秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。“エヴォリューション(進化)”とは何なのか…?

ギャスパー・ノエの公私にわたるパートナーであり、森で暮らす少女たちを描いた
『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督が贈る、最も美しい“悪夢”。
映画祭で上映されるや否や「初期クローネンバーグを思わせる!」
「ルイス・キャロル、グリム兄弟、アンデルセンの死体を掘り起こした」等大きな反響を巻き起こした。

監督:ルシール・アザリロヴィック
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ
2015年/フランス、スペイン、ベルギー/フランス語/81分/DCP/2.35/5.1ch
配給:アップリンク

2015年 トロント国際映画祭 正式出品
2015年 サン・セバスチャン国際映画祭 審査員特別賞・最優秀撮影賞受賞
2015年 ストックホルム国際映画祭 最優秀撮影賞
2015年 ナント・ユートピア国際SF映画祭 最優秀撮影賞

2016年11月 渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

『エコール』上映&マスタークラス
ルシール・アザリロヴィック×塚本晋也

2016年6月26日(日)14:00開映
会場:アンスティチュ・フランセ東京(東京都新宿区市谷船河原町15)
ゲスト:ルシール・アザリロヴィック、塚本晋也(『野火』)
司会:市山尚三(東京フィルメックス プログラムディレクター)

入場無料、先着順(定員108名)
※13時より2Fエスパス・イマージュ前にて整理券を配布いたします。

詳細:http://unifrance.jp/festival/2016/more-information/masterclass2d

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54675

執筆者

Yasuhiro Togawa