『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』(7月23日、Bnkamuraル・シネマ他、全国ロードショー)は、フラメンコに革命を起こし、その超絶的な速弾きと類まれなるテクニックで、ジャンルを超えて世界中の音楽ファンを魅了し続けた偉大なるギタリスト、パコ・デ・ルシアのドキュメンタリーです。7歳でギターを手にしてから最後のアルバムとなった“Canción Andaluza”まで、60年間の軌跡を辿る。わずか12歳でプロのフラメンコ・ギタリストとしてデビューしたパコ。その才能はフラメンコにとどまらず、ジャズ/フュージョンへと活躍の場を広げ、1979年、アル・ディ・メオラ(※)、ジョン・マクラフリンとの3人でアコースティック・ギターのみで敢行したツアーから、続く81年に発表したアルバムによって、スーパー・ギター・トリオの愛称で親しまれ、世界中で人気を博すまでとなる。世界を舞台に挑戦し続けたパコの“音楽探求“の旅は、フラメンコを伝統芸術から世界的なものへと変貌させていく—。
※一時期ラリー・コリエルに交替したが、後にディ・メオラが復帰

息子である監督が映し出す、天才の知られざる素顔
本作は、パコの実子クーロ・サンチェス監督が、演奏家としての父親の、強靭なエネルギーと果敢なプロジェクトの軌跡を追った、渾身のドキュメンタリー作品である。主要なコメント収録は2010〜2014年に行われ、冒頭および終幕の場面は、マジョルカ島のパコの自宅で撮影された。孤独を好み、自他ともに認める完璧主義者だったギタリストの、ストイックなまでの楽屋の表情や、張りつめたリハーサルシーンは、限られた身内にしか立ち入れない領域に違いない。監督と共同脚本を務めたカシルダ・サンチェス、プロデューサーのルシア・サンチェス・バレラもまた、パコの娘たち。家族写真がふんだんにちりばめられている点も、この作品の魅力のひとつ。これまで誰にも見せたことがなかった、パコの芸術と向き合う姿勢や音楽に対する深遠な哲学、孤独を重んじる人生観が、余すところなく映し出されている。

心躍る演奏シーンと音楽界のレジェンドたちの貴重なインタビューの数々
国内外で集められた歴史的映像の数々、挿入されるライヴ・シーンもあまりに貴重だ。少年時代のテレビ出演をはじめ、若き日の驚愕テクニックによるソロ、パコの魂を揺さぶったカマロンとのデュオ、大ヒット「二筋の川」を紹介するテレビ番組の意外な場面、スーパー・ギター・トリオの公演、パコ・セクステット時代、最晩年のステージ・シーンまで……。加えて、有名な証言者たちの登場も見逃せない。カルロス・サンタナ、ジョン・マクラフリン、チック・コリアのほか、スペイン語圏ポップスのスーパースターであるアレハンドロ・サンス、サルサの大御所でラテンアメリカの英雄ルベン・ブラデス。フラメンコギターの先達サビーカスに、リカルド・モドレーゴ。実兄ペペ・デ・ルシア、セクステット時代のメンバー、ホルヘ・パルド(フルート&サックス奏者)と、カルレス・ベナベン(ベーシスト)。最後のツアーメンバーだったポティ・トルヒージョ(カホン奏者)に、舞踊手ファルー。ラスト録音にも参加した、フラメンコの歌姫エストレージャ・モレンテ、等々。独白とレジェンドたちの証言、パコの音楽が巧みにからみ合い、あたかも壮大な組曲のように構成されている。

世界を股にかけたスーパー・ギタリストの、頑ななまでの完璧主義ぶりと狂気に近い音楽探究への執念、その生き様に刻まれた栄光と挫折。音楽界のレジェンドたちのインタビューと、その圧倒的なテクニックによって生み出される、官能的で華麗なる旋律が奏でる名演奏シーンに心躍る、至福の音楽体験!

父の日(6月19日)を記念し、パコの実の息子クーロ・サンチェス(本作の監督、32歳)にインタビューしました。偉大な父を撮った心情が明らかになりました。そして、いま話題のギタリストが主人公の恋愛小説「マチネの終わりに」著者・平野啓一郎さん、名俳優のみならずベーシストとしても知られる中村梅雀さんらから絶賛コメントが寄せられています。

クーロ・サンチェス監督 インタビュー
Qギタリスト パコではなく、父パコはどのようなひとでしたか。
Aヒッピーのように、自由にさせてくれる。哲学を持った人だった。

Q家庭では、どのような存在でしたか。
A毎年夏にメキシコ南部に行っていました。そこにはジャングルもありました。もっと一緒に過ごしたかったですが。つねに人を惹きつけるカリスマがありました。

Q妻(監督にとっての母親)や子供にどのように接していましたか。
A優しかった。1年に2か月くらいしか、家にいませんが。威張ってなくて、幼少期は楽しく過ごした記憶があります。

Q監督はギターは弾いていないとのこと、音楽活動、楽器はやりますか?もし音楽とは無縁としたらその理由は?
Aギターは5歳で辞めました。

Qパコから最も影響を受けたことはどのような点ですか。
A仕事への敬意をもつこと。芸術家として生きていくなら、お金でなく芸術への熱意のために取り組みなさい、と。

Q急逝してしまい、パコに聞けなかったことはありますか。
A晩年、成熟した姿を撮りたかった。メキシコで録音したり、とか。夢を語ってほしかった。

Qこの映画で一番好きなシーンは?
A兄のぺぺとアメリカにいくシーン。14−16歳、アーティストとしてはじめて、見知らぬ土地にいき、キャリアを築いていく時期。

Q監督の一番好きなパコの楽曲は?
A「ティオ・サバス」、サビーカスに捧げた曲です。

Q監督は、今後、もし子供ができたら、パコのことをどのように伝えたいですか?
A表現するために、自由であること。子供のキャリアを、子供が自由に選ぶことをさせる。

Q これだけは伝えたかったことは?
A 彼の孤独です。クリエイトにおける緊張を表現したかった。貧しいミュージシャンが貧困に打ち勝っていくまでの姿を描きたかった。
それから、彼の人間としての魅力、彼のユーモア精神を知ってもらいなと思っていました。

コメント
 ハーモニーの外れかけの手前にアドリブがある。ギリギリのね。自分の直感を信じ、人生を即興し、陰と陽の狭間、人々に音の魔法を掛け生き抜いたパコの信念と足跡を羨ましいと思う。
池上季実子 女優

 1度目に本作を観た時は、素晴らしく感動的なドキュメンタリー映画だと感じた。アンダルシア訛りで気さくに話すパコの姿、世界のトップアーティストたちの証言、そして貴重な演奏シーンの数々に彩られて。2度目に観た時、監督であり息子のクーロの真のメッセージは別にあるのではないかと感じた。「フラメンコギターの神」と称され、業界の内外で崇拝に近い圧倒的な支持を受けてきたパコ。その素顔は実は、恐れ、傷つき、迷いながらもフラメンコギターの「王者」としての使命を正面から受け止めて全うした、神とは程遠い一人の人間の姿だったと。愛すべき偉大な人、パコの生涯の軌跡を目の当たりにして僕は、終演後もしばらく涙が止まらなかった。  
沖仁  フラメンコギタリスト 

 フラメンコの新しいスタイルを模索し続け世界中で愛されるギタリストにまでなった感動のストーリー。
パコ・デ・ルシアが残してくれた音楽は永遠に…。ありがとう。
押尾コータロー アコースティックギタリスト

パコの内に秘めたラテンの情熱の虜になりました。
そして常に純粋に自分の目的に向かって歩む人生に共感しました。
小野リサ ボサノヴァ歌手

伝統から生まれ、伝統を逸脱し、伝統を飛躍させた、パコの偉大さ、格好良さ、そして創り続ける者の苦闘を迫真の映像で堪能した。踏み外すぎりぎりを行く、それが自由だとの発言も。
加藤登紀子 歌手 

この映画の最大の魅力は、全編を通じて等身大のパコらしさに溢れているということ。監督が実の息子であるがゆえに成し遂げられた偉業。この映画の中の飾らないパコこそ、私たちの知る本当の彼の姿です! 
カニサレス フラメンコ・ギタリスト/作曲家

パコが女性だったらこんなドキュメンタリーにはならなかったはず(笑)そんな男子特有の一直線を生涯貫いた爽快感が残る作品です。世界水準の音楽もたくさん聴けます。
鳥山雄司 ギタリスト、音楽プロデューサー

恐るべき才能と素晴らしい出会い。
伝統から脱却する勇気。自分の信念を貫くための凄まじい努力。その生き様は厳しい男の色気にあふれている。
中村梅雀 俳優・ベーシスト

神々しいまでの天才! しかし、その栄光と孤独に満ちた人生は、僕たちをただ圧倒するばかりでなく、創造への限りない憧れを喚起し、鼓舞する。パコの音楽は不滅だが、彼自身もまた永遠の存在だ。
平野啓一郎 作家

計画を立てたりしない人生を即興で生きていると言い切るパコ。リズムが大事だと熱弁するパコ。灼熱の魂がパコに出逢いと発見の化学反応を起こさせ観客と繋がると魔法が生まれ、そして私たちは感動という渦に巻き込まれる。OLE!!
萬田久子 女優

相対的なものと絶対的なもの。響き合う両極の間で苦悩した末の栄光。光も影もパコの人生。全てのパフォーマー、アーティスト、何よりもギタリストに贈る魂のメッセージ。 
渡辺香津美 ギタリスト
<敬称略・五十音順>

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54817

執筆者

Yasuhiro Togawa