株式会社円谷プロダクションは、福島県の委託を受け、株式会社Ui2及び株式会社フレイムハーツの技術協力の下、今夏、福島県全域の15コース全40箇所にわたる広大なエリアで開催されるデジタルスタンプラリー『大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま』(開催期間:2016年7月14日〜10月16日)専用のARアプリケーション「福島県ウルトラマンARスタンプラリーアプリ」を開発いたしました。また、弊社監修によるスタンプラリー公式サイト(http://ultrafukushima.com/)を本日6月3日より公開いたしました。

本アプリの対応機種はiPhone(5以降)及びGPS機能を搭載したスマートフォン(Android)となっており、それぞれApp Store及びGoogle Playで2016年7月14日からの配信を予定しております(無料ダウンロード・アプリ内課金無し)。
アプリ内に登場するキャラクターとして、今年が放送開始50年となるウルトラマンを始め、ウルトラセブン、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンエックスなど歴代のウルトラ戦士たちがフル3DCG・オリジナルSEで画面狭しとアクションを繰り広げます。
また、ゴモラやバルタン星人、キングジョーなど人気のウルトラ怪獣・宇宙人も登場するほか、ウルトラ怪獣を女の子に“変身”させるプロジェクト・ウルトラ怪獣擬人化計画からも2キャラクターが登場。合計で40体ものキャラクターが各ARポイントに登場する他、各エリアを制覇すると使用可能になる特典画像も用意されており、過去のスタンプラリーアプリの中でも最大級のボリュームを擁しています。

本アプリはスマートフォンのGPS機能を活用したアプリとなっており、参加者が福島県内の様々な観光地に設定されたポイントを実際に訪れることによって、AR(拡張現実)を楽しむことが出来るようになっています。また、スタンプラリーの開催期間中、各地を周りアプリ内でARキャラクターを一定数以上集め福島県内の「スタンプラリー景品交換所」を訪れると、参加賞の他、抽選で限定グッズが当たるキャンペーンも実施される予定です。

【用語解説】
AR:Augmented Realityの略で、現実の風景に情報(データ)を重ね合わせて表示する技術です。本アプリではこれを応用し、ウルトラマンや怪獣等がその場所に実在している様な写真を撮ることが出来ます。
■アプリの仕様について

アプリ正式名称:福島県ウルトラマンARスタンプラリーアプリ
対応OS:iOS ver8.4.1以上のiPhone5以降の端末、またはGPS機能搭載のスマートフォン(Android ver4.4以上)(※)
(※)Androidタブレット端末は動作保証外となります。

<主要機能>
①端末のGPS機能を活用し、アプリ内でユーザーの現在地及びキャラクターが出現するARポイントを同時に表示することができます。
②各ポイントで出現した3D及び2Dキャラクターを、スマートフォンのカメラ機能を使用し写真撮影することができます。
③撮影した写真を本アプリから直接SNS(Facebook、Twitter、LINE、Instagram)に投稿することが出来ます。
④スタンプカード機能があり、集めたキャラクターの数に応じて、アプリ限定のなりきり写真フレーム等、オリジナルコンテンツが利用可能となります。

配信プラットホーム:App Store 及び Google Play
価格:無料(アプリ内の課金要素は無し)
収録キャラクター数:合計40体(3Dキャラクター10体、2Dキャラクター30体)
ダウンロード開始日:2016年7月14日(木)
本プレスリリース画像の使用について:画像を使用する場合は (C)円谷プロ を表示して下さい
■『大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま』開催概要について

スタンプラリー名称:大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま
スタンプラリー開催期間:2016年7月14日(木)〜2016年10月16日(日)

<内容>
福島県内の7エリア・15コースに設定された全40箇所のARポイントで、本アプリを使用してウルトラヒーロー、怪獣・宇宙人、各種メカを記念撮影。
ARポイントを発見し各コースをクリアした数に応じて県内各所の「スタンプラリー景品交換所」で参加賞がもらえるほか、抽選で限定賞品が当たるキャンペーンを実施。

<ARのコース及びポイント>
○県北エリア…3コース9箇所 (福島駅、道の駅安達、安達太良サービスエリア ほか)
○県中エリア…4コース11箇所 (郡山駅、須賀川市、福島空港 ほか)
○県南エリア…1コース3箇所 (小峰城、南湖公園)
○会津エリア…3コース7箇所 (鶴ヶ城、猪苗代湖、道の駅みしま ほか)
○南会津エリア…1コース3箇所 (大内宿)
○相双エリア…1コース2箇所 (セデッテかしま)
○いわきエリア…2コース5箇所 (いわき市石炭・化石館ほるる、小名浜港)

参加費:無料
公式サイト:http://ultrafukushima.com/
主催:福島県
企画制作:株式会社円谷プロダクション

(C)円谷プロ

執筆者

Yasuhiro Togawa