シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了する傑作コミックを映画化した『セトウツミ』が7月2日(土)より新宿ピカデリー他全国公開となります。
『セトウツミ』というタイトルは、主人公の瀬戸(せと)と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。
クールな塾通いの内海役には池松壮亮。天然な元サッカー部の瀬戸役には菅田将暉。ヒロインの女子高生、樫村役には人気急上昇中の中条あやみと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気・実力派若手キャストが集結!
監督は『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣。最高のキャスト・スタッフが全力で作り上げた“放課後無駄話”が話題沸騰中です!

今回提供させていただくのは、白シャツを着た内海(池松壮亮)と瀬戸(菅田将暉)が会話を繰り広げるリハーサル風景、ピエロの恰好をした胡散臭い大道芸人(宇野祥平)が風船で作った被り物を後ろに隠して何やら瀬戸に近づく様子、ラフな私服に身を包んだ内海と瀬戸の夜シーン、監督とスタッフが台本を読みあわせて入念に段取りを確認する姿など、メインの舞台となる河原での撮影風景を収めたメイキング画像4点です。
画像には一日中硬い地べたに座っていなければならない二人の為にスタッフが導入したクッションも登場。また、本作唯一の夜のシーンは肌寒い気温と動きのある展開も相まって、深夜にまで及んだ撮影ながら高揚感が途切れることは無かったといいます。

『まほろ駅前』シリーズで瑛太演じる多田、松田龍平演じる行天を名コンビへと導いた大森立嗣監督が、引っ張りだこの実力派若手俳優の池松と菅田を迎えて新たなコンビ映画に挑戦した本作。10月上旬の10日間という短い期間で行われた撮影ですが、ゆったりとした時間が流れる雰囲気を作り上げる必要がありました。それ故、役者の二人が現場に馴染むための大森監督の計らいで、撮影前には舞台の河原で池松と菅田の二人でしばらく過ごすようにと時間が設けられたといいます。段取りが終わり、いざ本番前になると大森監督から二人に「漫才にしないでガチで芝居をして欲しい」という言葉が向けられます。この言葉は現場でここぞというときに繰り返され、本作の世界観を形づくるキーワードとなり、「台本はあるけれど、そのときそのときで相手が何を言っているのかを聞いて、そのつど考えてリアクションするように」と説く大森監督のねらいが功を奏し、絶妙な芝居が形成されていきました。
クールな内海を演じた池松は「そんなに急いで撮った感じでもないけど、終わってみたらあっという間でしたね。瀬戸と内海が過ごした時間もこんな感覚だったのかなと思いました」と寂しげながらも充実した撮影であったことを明かしています。
映画界を賑わせる俳優たちを迎えて世界中が注目する実力派監督が指揮をとった本作は、最高に笑えて時にしんみりと胸を打つ贅沢な仕上がりとなっています!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54198

執筆者

Yasuhiro Togawa