アニメ「プリパラ」の3D立体上映作品、シアターライブアニメ「とびだすプリパラ み〜んなでめざせ!アイドル☆グランプリ」の
【1】キービジュアル&ロゴ、【2】公開日(2015年10月24日)、【3】入場者プレゼント、【4】とびだすWEBキービジュアル、【5】予告映像 の5点を解禁いたします。
シアターライブアニメ「とびだすプリパラ み〜んなでめざせ!アイドル☆グランプリ」(以下「とびだすプリパラ」)は、
2015年4月より2ndシーズンが放送中のTVアニメ「プリパラ」の劇場版作品で、シリーズ史上初となる3D立体上映作品です。

【1】キービジュアルは、ステージから“とびだす”様子を描いたプリパラ史上初の3DCGイラストです。
【2】公開日は“とびだす”を読み替えた10月24日(土)より、全国2D/3Dロードショーいたします。
【3】入場者プレゼントは、ゲーム筐体「プリパラ」でも使える“プリチケ”で、全3種類の中からランダムで1種類プレゼントいたします。
【4】さらに、WEB用オリジナルキービジュアルとして、前代未聞の「とびだすキービジュアル」も公開いたします。
【5】予告映像も公開し、キャラクターがロゴを越えて次々ととびだしていく映像となっています。

TVアニメ「プリパラ」は放送2年目に突入し、たくさんのキャラクターたちが数々のライブを披露してまいりました。
「とびだすプリパラ」ではそんな思い出のライブをとびだす3D立体映像で余すところなく楽しめます。子供だけでなく大人も心打たれたあの名曲・あのライブが、私たち観客の目の前で披露されるのです。
「とびだす」ことにこだわった「とびだすプリパラ」の続報は、「とびだすプリパラ み〜んなでめざせ!アイドル☆グランプリ」公式ホームページ( http://pp-movie.com/ )、
また公式Twitter(@pripara_PR)にて随時お知らせしてまいります。
主人公らぁらを筆頭に、ともだちと一緒に披露したたくさんのライブを、まるで実在するかのように映画館の大スクリーンで楽しめる“シアターライブ”。
劇場観覧スタイルの新しいベーシックが、今まさにここからとびだして参ります。

さらに、とびだすのは劇場作品にとどまりません。
TVアニメ「プリパラ」ではこれまでの放送日時(毎週(土)朝10時)をとびだし、10月5日(月)よりテレビ東京系6局ネット 毎週月曜日夕方6時30分〜の放送にお引っ越しいたします。
方々にとびだしていく「プリパラ」、これからもご注目ください。

——————————-

シアターライブアニメ
「とびだすプリパラ み〜んなでめざせ!アイドル☆グランプリ」

●概要
「プリパラ」初の3D立体上映作品が、2015年10月24日全国2D/3Dロードショー決定!
プリパラの数々のライブシーンを大迫力の3D立体映像で体験できます!

●前売券
こども 800円(税込) *3才以上〜中学生まで
おとな 1,400円(税込)
おやこペア 2,200円(税込)

★前売券は、ゲーム筐体「プリパラ」で使えるスペシャルプリチケ仕様!
・おとな&こども: スペシャルプリチケ「み〜んなとびだせ!アドベンチャートップス」
・おやこペア券: 全身フルコーデがそろうスペシャルドリチケ「み〜んなとびだせ!アドベンチャーコーデ」
★発売日: 8月15日(土)より順次発売開始
★お取扱い
・インターネット購入:https://www.major-j.com/cinema_information.php?id=M20150815001
・ちゃおサマーフェスティバル(横浜会場)タカラトミーアーツ物販コーナー
・プリズムストーン原宿
・劇場: 「とびだすプリパラ」公式HPにて順次お知らせします
*なくなり次第終了となります。
*劇場でのお取扱いは一部劇場を除きます。
*このコーデは2015年9月1日よりゲーム「プリパラ」で使用可能です。
*劇場にて3Dバージョンをご覧になる場合、記載された額面以外に差額をお支払いいただきます。

●公開日
2015年10月24日(土)全国2D/3Dロードショー

●入場者プレゼント
「トンでもサマーアドベンチャーコーデ」をそろえよう!
(3種類のなかからどれか1枚をランダムプレゼント/先着10万枚限定)

●「とびだすプリパラ み〜んなでめざせ! アイドル☆グランプリ」公式HP http://pp-movie.com/

——————————-

●新放送情報
テレビ東京系6局ネットで放送中のTVアニメ「プリパラ」の放送情報が変わります。 10月5日(月)から毎週月曜夕方6:30〜放送となります。
(9月26日(土)までは、毎週土曜あさ10:00〜放送)

【新放送情報】
テレビ東京系6局ネット 毎週月曜夕方6:30放送 BSジャパンにて 毎週火曜 夕方5:29〜 好評放送中!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54033

執筆者

Yasuhiro Togawa