ミュージックビデオ出身、新進気鋭の若手監督アリステア・ルグランが『バイオハザード』シリーズのアリ・ラーターを主演に迎え挑んだSF・タイムトリップ・ホラー『ディアボリカル』が、8月22日[土]より、渋谷TOEI他にて公開することが決定いたしました。

家の中で不気味な物音がしたり、ひとりでにドアが開いたり、目の前を人影がよぎったりすれば、それは悪霊による“呪い”の始まりに違いない。家族の身を守る手段はたったひとつ。高潔で有能なエクソシストや心霊ハンターに助けを求め、入念なお祓いを行ってもらうしかないのだ。しかし、もしもこの世ならぬ怪現象の原因が“呪い”ではなかったらどうすればいいのか……?インディペンデント映画界の新鋭たちが集うSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)映画祭で大反響を呼んだ『ディアボリカル』は、まさに対処不能な異常事態に陥った一家の運命を描くハイクオリティ・ホラーである。

TVドラマ「HEROES/ヒーローズ」や『バイオハザード』シリーズの美人女優アリ・ラーター以外は無名のスタッフ&キャストが放った本作は、ありふれた“呪い”を凌駕する新たな恐怖の創造に挑み、あらゆる観客に未知の極限体験をもたらす野心作となっています!

そして今回、全米公開に先駆けて日本での公開日が8月22日(土)に決定、日本版ポスタービジュアルが完成いたしました。真ん中には、煙の中に浮かぶボロボロに崩れた顔らしきもの…、その周りには苦悶の表情を浮かべ叫ぶ人間たち。時空を超えてやってきたきのは、悪霊なのか、宇宙人なのか、怪物なのか…それとも!ただのホラー映画ではなく、≪ホラー×SF≫を表現した未来感あるポスタービジュアルへと仕上がっている。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=53837

執筆者

Yasuhiro Togawa