東野圭吾最大の勝負作を「20世紀少年」シリーズなど様々な作品を手がけてきた堤監督がメガホンをとり、完全映画化!松竹配給にて、クライシス・サスペンス超大作、映画『天空の蜂』が9月12日(土)より全国公開となります。

最新鋭にして日本最大の超巨大ヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるという史上最悪の原発テロと、この究極の危機に立ち向かう人々を描いた本作。

江口洋介が演じるのは、長年、家族との時間を犠牲にしながらも、自衛隊用の超巨大ヘリ≪ビッグB≫の開発に取り組んできたヘリコプター設計士・湯原。一方、湯原と同期入社で、日本の発展に寄与するエネルギーと信じ、原子力発電所の設計に携わってきた原発設計士・三島を本木雅弘が演じます。

この度、「天空の蜂」原作者・東野圭吾さんよりコメントが到着しました。

【東野圭吾さん コメント】
映画化など絶対に不可能だと思っておりましたが、執筆中に思い描いた以上の映像に圧倒されました。
監督や俳優の皆さん、そのほか多くの方々の熱い想いが伝わってくる、骨太の素晴らしい映画だと思います。
私自身の血も、この小説に取り組んでいた二十年前のように騒ぎました。
きっと多くの人々の心を揺さぶることだと思います。

原作者の東野さんから、“映像に圧倒された”と絶賛の声が届いた本作ですが、中でも想像を超える映像となって登場するのは、超巨大ヘリ<ビッグB>。完成するまでにCG制作作業1年間を費やし、早くも注目を集めています。

しかし、“天空の蜂”と名乗る犯人の手によって奪われてしまったビッグBは、高度800mの原発の真上で静止、大量の爆発物と共に原子炉へ墜落するまでタイムリミットは8時間という史上最悪の事態に…。
果たして、墜落を阻止することができるのか。大切なものを守り抜くため、命を懸けたカウントダウンが始まる−。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=52622

執筆者

Yasuhiro Togawa