昨年『ダラス・バイヤーズ・クラブ』で主演男優と助演男優にオスカーをもたらした、ジャン=マルク・ヴァレ監督の最新作 『Wild』が、邦題『わたしに会うまでの 1600 キロ』 として8月28日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショーとなります。

たった一人で 3 カ月間、1600 キロの山道と砂漠を踏破するという無謀な旅で、
どん底の日々からベストセラー作家へと人生をリセットした女性の感動の実話
気軽な山歩きの経験すらないのに、何のトレーニングもせず、1600 キロ踏破に挑んだ女性がいる。アメリカ西海岸を南北に縦断する自然歩道パシフィック・
クレスト・トレイルという過酷なコースを歩いたシェリル・ストレイドだ。彼女がその途方もない体験をまとめ、世界を驚きと称賛で包んだベストセラーの映画化
が実現した。

シェリルには『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』のリース・ウィザースプーン。未知なるドラマに溢れた冒険を体当たりで再現した。彼女の母親に『インラン
ド・エンパイア』のローラ・ダーン。亡き母と娘の心の絆を演じ、アカデミー賞®W ノミネートを果たした。
なぜ、彼女は歩いたのか? 物語と共に明かされるのは、愛する人を失った悲しみからのどん底の日々。美しくも厳しい大自然のなかで、彼女が本当の自
分と出会うまでを描き、観る者にどんな逆境の中でも前に進むパワーをくれる感動作が誕生した。

邦題決定とともに日本版予告編&ポスタービジュアルが解禁!
本予告編では、リース・ウィザースプーンが裸をも辞さない体当たりのシーンも登場し、荒野での過酷な旅の中で主人公シェリルの思い出が押し寄せる。この旅は間違いだった、と繰り返しながらも彼女はどのようにしてこの旅の出口にたどり着いたのか。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=53362

執筆者

Yasuhiro Togawa