世界各国でシンデレラ現象を巻き起こし、記録的大ヒットとなっている、ディズニー・ラブストーリーの原点にして頂点『シンデレラ』が、4月25日(土)ついに日本全国521スクリーンで公開した。4月25日から26日の2日間で約5億5610万8,800円、動員、41万9、796人を記録。週末映画ランキング第1位(興行収入)にランクイン。2015年洋画のオープニングNo.1となる大ヒットスタートとなった。全世界興行収入は、約540億円(4億5772万ドル
※BOXOFFICE MOJO調べ ※4月27日1ドル=118円換算)を突破しており、その勢いはまだまだ止まらない。

本作は、シンデレラが小さな勇気から大きな幸せをつかんでいく感動の物語を、シンデレラの煌びやかな世界観をそのままに、絢爛豪華なセットと衣装で見事に実写映像化した、ディズニースタジオの総力を結集したラブストーリー。初日から満席スタートの劇場が続出し、劇場には大人から子供まで、老若男女幅広い層が来場。女性客を中心に、家族総出で来場するファミリーの姿も多くみられたほか、デートムービーとして観に来たというカップルも多数来場した。
来場した観客は「ドレスが魔法で変身するシーンや舞踏会のシーンがキラキラしていて、シンデレラのイメージはそのままにとても素敵な映画でした。」(20代女性)、「シンデレラが子供の頃に、お母さんから魔法のような素敵な言葉をもらうところや王子と王の親子愛など、今までの物語にはなかったエピソードが感動的でした。」(20代女性)、など大満足の様子。これまでの物語では触れられることのなかったシンデレラの両親との思い出や絆、王子と王の親子愛など、登場人物たちを新しい視点で描きなおしており、物語に深みが増していることも満足したポイントになっている。また、「観た後、とても幸せな気持ちになった」(20代男性)、「娘と観に来たがとても感動した。」(40代男性)と女性ばかりではなく男性客にも笑顔が溢れていた。
同時上映の「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」を楽しみにしていたという家族連れも見られ、「アナ雪もよかったけど、シンデレラで泣いてしまいました。」(30代女性)という親子も。1度で2回楽しめる映画となっていたようだ。

誰もが知る不朽の名作の映画化という困難を乗り越え見事に名作へと昇華されたディズニーの底力に、まだまだ日本中が魅了されそうだ。今週末からはゴールデンウィークがスタート。さらに毎週水曜のレディースデー、毎月1日の映画の日なども控えており、まだまだ“シンデレラの魔法”は解けそうにない。映画「シンデレラ」は全国大ヒット上映中。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=52419

執筆者

Yasuhiro Togawa