この度、ウディ・アレン監督最新作『BLUE JASMINE(原題)』の邦題が『ブルージャスミン』として2014年5月、
新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座ほかにて全国ロードショーと決定いたしました。

 本作は、近年の『ミッドナイト・イン・パリ』や『ローマでアモーレ』などのロマンティック・コメディから大きく転換。
ウディ・アレン監督初期の作品群を彷彿とさせる、さらに拍車のかかったシリアスなドラマにギアチェンジした。
 ニューヨーク、セレブリティ界の華・ジャスミンは、ゴージャスな生活から一転、人生のすべてを失いどん底にいたが、再起を図るために妹の住むサンフランシスコへとやって来る……。映画タイトルにもなっている、主人公・ジャスミン役を演じたケイト・ブランシェットが、各国の“オスカー予想サイト”で、早くも主演女優賞の大本命と位置づけられるほど、その迫真の演技に注目が集まっている。
 全米では7月26日に6スクリーンからスタートし、1,283スクリーンにまで拡大、
ウディ・アレンのキャリア史上3番目の、3,200万ドルを超える興行成績となった(10/26現在もロングラン中)。追って公開されたフランス、イギリスのみならず、世界的大ヒットを記録中の本作。
 先日、クエンティン・タランティーノが2013年のベストムービー10本(10月時点の暫定)を発表したが、本作もランクイン。これからはじまる各映画賞のノミネートに期待が高まる中、ついに日本公開が決定した。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=51969

執筆者

Yasuhiro Togawa