吉行和子、宝田明、山本學ら名優たちによる、“高齢者の婚活”を描いた『燦燦 -さんさん-』が、11月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ユナイテッド・シネマ浦和 ほか全国順次公開となることが決定しました!

本作は、介護の末に最愛の夫を亡くし、それからずっと独り暮らしをしている77歳の鶴本たゑが、淡々と過ぎゆく日々の中で「人生を輝かせたい!」と奮起し、息子夫婦らに反対されながらも、自分の意志を貫き、“婚活”を始めるというストーリー。“婚活”がもたらす生きる喜びと、彼女を取り巻く人間たちのドラマを描く爽やかな感動作です。
真っ直ぐでチャーミングな主人公“たゑ”を演じるのは、吉行和子(『東京家族』)。心には人生の秘密もある。“あきらめ”に揺れる日もある。それでも明日を信じようとするたゑの再スタートのドラマが、笑いと涙と希望を運びます。共演は、宝田明、山本學という名優揃いのほか、蜷川幸雄氏が率いる平均年齢74歳の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」の俳優陣も多数出演し味のある演技を披露しています。名優たちとタッグを組むのは、日本の高齢化社会をモチーフにした短編映画が世界各国で絶賛された期待の新鋭、本作で長編映画監督デビューを飾る外山文治(監督・脚本)。

※【デジタルシネマ製作支援プログラム < D-MAP > とは…】
(公式HP  http://www.skipcity.jp/incubate/dmap/
D-cinema Making Associate Programの略で、次世代映像産業の導入及びトップクリエイターの輩出を目指すSKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザが実施する若手映像クリエイターの育成を目的としたプログラムです。このプログラムは、業界各社との協業により、映画の企画開発、製作、劇場公開までを一貫して支援し、商業映画監督としてのメジャーデビューをプロデュースします。

【これまでの実績】
『バルーンリレー』/監督:藤村享平(D-MAP2011/2012年/65分)ユナイテッド・シネマ豊洲、浦和、他全国劇場で公開
『ネムリバ』/監督:園田新(D-MAP2009/2010年/85分)ユナイテッド・シネマ浦和、春日部、入間、南古谷、上里で公開
『ソロコンテスト』/監督:下條岳(D-MAP2008/2008年/40分)ユナイテッド・シネマ浦和、春日部、下北沢トリウッドで公開

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49897

執筆者

Yasuhiro Togawa