9月に全国公開となります、『怪盗グルーのミニオン危機一発』(東宝東和配給)。
前作はユニバーサル/イルミネーション作品の中でもとりわけ人気が高く、ミニオンを筆頭に愛くるしいキャラクターが縦横無尽にスクリーンを飛び出すユニバーサルスタジオらしいアトラクション感抜群の3Dとストーリーの素晴らしさ、そして、日本語吹替えキャストに笑福亭鶴瓶さん(怪盗グルー役)、芦田愛菜さん(アグネス役)を迎えたことでも大きな話題となりました。
また前作に引き続き笑福亭鶴瓶さん、芦田愛菜さんの吹き替え参加に加え、今回、鶴瓶さん演じるグルーと恋に落ちる?!新キャラクター・ルーシー役に吹替え初挑戦となる、中島美嘉さんを迎えることも発表となり、さらなる盛り上がりをみせています。

予告編内容
『怪盗グルーの月泥棒』は全世界で興収5億ドルを超え、アニメ史上歴代10位に入る大ヒットを記録し、国内外のファンからは新作を望む声が多数寄せられていました。続編『怪盗グルーのミニオン危機一発』は怪盗グルーが月泥棒の偉業を成し遂げ、孤児3姉妹の父親となり、平和な日々がある出来事で一変する様子からストーリーは始まります。ある日、シベリアの秘密研究所が研究所ごと何者かに奪われ、それと時を同じくし怪盗グルーの最強の仲間、バナナが大好物の謎の黄色い生物・ミニオンたちが彼の家から何者かに連れ去られます。いったい誰が、何の目的のために・・・?先日行われた吹替えキャスト発表会見で公開された、吹替え入りの予告編を観た鶴瓶さんに「うまいやん!」と絶賛されていた中島さん。とても初めての吹替えとは思えない演技で、謎の美女ルーシーをセクシーかつキュートに演じています。前作に引き続き、鶴瓶さんと愛菜さんが魅せる息の合った演技は、今回もグルーとアグネスが再び活躍しそうな予感大!となっており、今後三人が劇中でどんな絡みをみせるのか、今から楽しみな予告編に仕上がっています!
※イルミネーション・エンターテインメント作品…2010年『怪盗グルーの月泥棒』、2011年『イースターラビットのキャンディ工場』、2012年『ロラックスおじさんの秘密の種』を製作。2010年から3年間の平均全世界興行成績は、ピクサーに次ぐ2位でドリームワークスを越え、全米No.2のアニメーション製作スタジオの地位を確立しています。

予告編::http://youtu.be/KzT1xGUCxKQ

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=51097

執筆者

Yasuhiro Togawa