海外の映画祭で話題、今年2月のゆうばり国際ファンタスティック映画祭でも上映された温水洋一主演『アブダクティ』(監督:山口雄大、脚本:牧野圭祐)がベルギー・ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭で準グランプリに当たるSILVER RAVENを受賞しました。

グランプリは、スペインの「Ghost Graduation」。昨年のトロント国際映画祭2012でインターナショナルプレミア上映されたホラー・コメディ。既に、ウィル・スミスのプロデュースによってリメイクが決定している。

『アブダクティ』は、世界最弱のダメ男・千葉厚志(50)が目覚めると、コンテナに拉致監禁され、トラックでどこかへ運ばれていた。
主演の千葉厚志に温水洋一主演。

物語は、コンテナ内には謎の石があり、犯人の見当もつかない。コンテナがトラックから船に載せ替えられると、自分以外にも拉致された人々が200人以上いると発覚。コンテナの壁越しに会話する中で共通点を見付け、千葉は、離婚した妻と娘も拉致されている可能性に気付く。妻子の安否を確認したい千葉だが、コンテナは船から電車に移される。次々と浮かぶ疑惑。果たして犯人の目的は? そして、千葉と娘の運命は…… !?

日本公開は、年内を予定している。

ベルギー・ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭
http://www.festivalfantastique.org/festival/2013/04/winners2013/

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=51190

執筆者

Yasuhiro Togawa