人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、ヒーローになれない“悪役”のラルフと、レーサーになれない“ひとりぼっち”の少女ヴァネロペが大冒険を繰り広げる感動の冒険ファンタジー『シュガー・ラッシュ』が、3月23日(土)より全国313劇場(421スクリーン)で待望の公開初日を迎え、週末興行成績ランキング初登場1位の大ヒットを記録した。
 
 公開初日の3月23日(土)、全国の劇場には早朝より小学生と父親、母親といったファミリー層を中心に、中学生、高校生といったティーンが詰めかけ、また午後になると若いカップルやゲームファンといった大人にまで観客層を広げ終日賑わいを見せた。翌日曜日も客足はさらに加速。春休み最初の週末を迎えた日本列島を“シュガー・ラッシュ”の甘い旋風が駆け抜けた。
 土日2日間のオープニング成績は、興行成績339,707,750円/動員:267,276人。これは、ディズニー・アニメーション作品で25億円の大ヒットとなった『塔の上のラプンツェル』(興行成績:143,090,600円/動員:96,675人)237%の成績で、30億円を超えるヒットが見込まれている。興行収入の9大都市とその他エリアの比率は、26:74。都市部だけでなく、ローカルの劇場での強い動員になっていることから全国的な興行となっている。
 
 劇場では、映画に登場するゲ−ムキャラクターたちのやりとりに大人は声を上げて笑い、子どもたちも身近なゲームの裏側という世界に魅了され、中には「自分の遊んでいるゲームキャラも動く?」と親に訊ねる子どもや、反対に自身の子ども時代の“レトロ・ゲーム”の思い出を子どもに語る父親の姿も見受けられた。また、ティーンを中心に女性観客も多く、ヒロインヴァネロペのひたむきな姿に共感したり、お菓子で彩られた“シュガー・ラッシュ”の世界が「可愛い!」との声が挙がってた。
 上映終了後には拍手が起きるなど反応も良く、何よりもラルフとヴァネロペの友情や絆といった関係性には、「心から感動した」「親子で泣いてしまった」など年齢性別を問わず幅広い層から称賛の声が続出している。
 
 『トイ・ストーリー』のゲーム版とも言うべきミラクルな舞台設定、スピード感溢れるファンタジックな映像、さらにはディズニー・アニメーションでありながら既存の有名ゲームキャラクター達も多数登場するというユニークな展開、これら様々な要素が客層や年代を限定しない幅広い感動へつながり、この春休み、さらなるヒットが期待されている。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50776

執筆者

Yasuhiro Togawa