第23回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭<会期:2月21日(木)〜2月25日(月)>が昨日より開幕いたしました。2日目となる本日は、雨宮慶太監督(『牙狼〈GARO〉〜蒼哭ノ魔竜〜』)、福田雄一監督、鈴木福(『コドモ警察』)が登壇。それぞれ上映後に舞台挨拶を行いました。また、別会場ではVFX-JAPANによる企画のもとに三橋忠央、佐藤篤史、上杉裕世といったハリウッドで活躍するトップクリエイターらによるVFX-JAPANハリウッド・プレゼンテーションや、人気急上昇中の若手落語家・桂三四郎の口演も行われるスカパー!映画部 × 衛星劇場 × 朝日新聞北海道支社 presents東京芸大『らくごえいが』上映会、「ゆうばり映画祭2012」グランプリ受賞の石原貴洋監督が受賞で得た制作支援金を基に、ゆうばり映画祭とスカパー!の支援によって制作された最新作『大阪蛇道-Snake of Violence』完成披露プレミア上映会などが行われました。

≪登壇者のコメント≫
■福田雄一監督
「本作は映画になるドラマを考えることから始めた。(福くんはじめ)子供たちには特に演技の指導はしなかった。大人っぽい難しいセリフを四苦八苦しながら言うところに面白味がある。」
■鈴木福
「北海道には何度も来ているけどゆうばりは初めて。こんなに積もっているの初めて見ました。大人のセリフは難しかったけど、初主演映画なので公開がとても嬉しい!全体を観てほしいけど、特にデカ長の男らしさ、優しさ、アクションを楽しんでもらいたい!」

執筆者

Yasuhiro Togawa