戦後、「日本画滅亡論」まで登場した日本画壇において、新しい時代の新しい日本画の創造を目指して活躍した中村正義。
22歳で日展に初入選、26歳で特選を受賞、36歳という若さで日展審査員に推挙され、若くして日展の頂点に登り詰めながら、生来の批判精神と日本画壇の因襲への反発心から日展を脱退。
それ以降、ポップアートかと見紛う三島由紀夫を描いた肖像画、映画『怪談』(小林正樹監督)の平家物語の壇ノ浦合戦を描いた大作群《源平海戦絵巻》、現代社会に生きる人間の心の闇を描いた《顔》シリーズなど、画題的にも画材的にも、日本画の既成概念を遥かに超越した多様多彩な絵画を描き、「日本画壇の風雲児」と呼ばれた。
また、謎の浮世絵師・写楽の実像を画家の立場から探求することに取り組み、功績を残す。
そんな中村正義の生涯は病との闘いでもあった。二十代で結核を患い、後年癌を発症。52歳という若さで逝去。
旧勢力からの圧力や妨害を受けながらも、自らの信念を曲げず、死と向き合いながら真の創造を求め続けて生涯を終えた。
本作は、父を敬愛し、「中村正義の美術館」を守り続けてきた娘・倫子さんが、自分の未だ知らない本当の父の姿を探して旅をするドキュメンタリー映画です。
共同監督を務めるのは、今村昌平とともに今村プロダクションを結成し、『楢山節考』の映画補、『復讐するは我にあり』をプロデューサーした武重邦夫と、
テレビ番組やビデオ作品のドキュメントのプロデュースを手掛け、本作が監督デビュー作品となる近藤正典。
確固とした信念を持ち、大きな壁に正面から挑んだ中村正義という天才芸術家の姿は、今の日本に何を問いかけるのか。

予告編::http://youtu.be/EXTBmVmomRc

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50867

執筆者

Yasuhiro Togawa