映画史に残る名作『オズの魔法使い』、弱冠10歳でアカデミー賞を受賞したテータム・オニールの名演が光る『ペーパー・ムーン』、女性二人の逃避行を描いた『テルマ&ルイーズ』といった女性主導型のロードムービーの系譜に、新たな一本が加わった。アメリカの女流作家アンドレア・ポーテスのベストセラー小説を、人気実力ともにナンバー1の若手女優、クロエ・グレース・モレッツ主演で映画化したのが『HICK-ルリ13歳の旅』だ。

 大ヒット作に出演するなど、ハリウッドで引っ張りだこの天才女優、クロエ・グレース・モレッツ初の単独主演作となる本作。タイトルにある「HICK」とは、田舎者、うぶな人、カモなどを表す名詞。退屈な田舎町での生活から抜け出し、夢の地ラスベガスに向かう13歳の少女が、旅の道中で様々な想像を超える衝撃的なトラブルや厳しい現実に直面し、傷つきながらも、瑞々しく成長を遂げていく様を綴ったファンタジックな青春ロードムービーだ。
「ハードでありながら感動的」、「ファニーであり、辛辣であり、そして挑発的」。予測もつかない衝撃的なクライマックスを体験した海外メディアは本作についてそう語る。
 
 そんな本作の予告編がついにここ日本でも解禁となった。両親の突然の蒸発、友達もいない田舎者でうぶな13歳のルリが憧れの地ラスベガスへと初めて外の世界へ旅立つ道中、様々な人物との出逢いがルリに想像と現実世界のギャップや厳しさ、本当の痛みを教える。リアルな世界は甘く優しいものとは程遠く、13歳の少女にとっては時にあまりにも恐ろしい世界を垣間みる瞬間となる。それでも前に進むルリの姿は、まさに現代版“オズの魔法使い”だ。戸惑い、傷つきながらも無限の可能性を信じ「運命に逆らってやる—」と走り出すルリ。
 
 今回解禁となった予告編にも登場するクロエ初の黒髪ショートを披露したシーンは一体何を意味しているのか?そして迎える予測もつかない衝撃的なクライマックスとは一体—? この秋、誰も知らない新たなクロエに逢える。

予告編::http://youtu.be/Ncj6oyNh-iw

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50656

執筆者

Yasuhiro Togawa