滝沢馬琴による「南総里見八犬伝」を直木賞作家・桜庭一樹が新解釈して生まれた「伏贋作・里見八犬伝」(原作)を新たにアレンジし、生まれたアニメーション映画「伏鉄砲娘の捕物帳」が10 月20 日(配給:東京テアトル)より全国ロードショーされます。
本作は、人と犬の血をひき、人に化けて暮らす<伏-ふせ->をめぐる物語です。
“大江戸ブレードランナー”とも呼ぶべき原作小説を、アニメーション映画ならではのエンターテインメント性を追求し、大胆にアレンジした宮地昌幸監督(『亡念のザムド』監督)のもと、豪華声優陣が集結、更に今回は、豪華ゲストキャストの参加が決定致しました!ファンタジックな江戸の町を彩る鮮やかな声の演技に是非ご注目ください!

<滝沢馬琴:桂歌丸>
当代随一の流行作家。高齢の為、ほとんど眼は見えない。物語を口述し、それを冥土の母お路に記録してもらう事で『南総里見八犬伝』を執筆している
【監督コメント】
「馬琴役はこの作品の象徴、言葉の重さや存在感に特別な魔法が必要でした。
気品、孤高さ、色艶、江戸の風…そしてキュートさ。馬琴と歌丸師匠。たった一人で沢山の観客を沸かせるお二人の姿が、どこかで重なって見えてきたのです。
今回、この作品に関わって頂けて、本当に感無量です。」

<住職:竹中直人>
浜路の田舎でもある「陸奥の国」に暮らしている。
【監督コメント】
「昔から竹中さんの大ファン。演劇、笑い、映画観など沢山の影響を受けた方です。物語の冒頭、浜路を江戸へと送り出す住職を演じて頂きました。深刻になりすぎない、朗らかな役にピッタリ。嬉しかったです。」

<世四郎:劇団ひとり>
河原長屋の住人。香具師。冗談と女が大好きな中年オヤジ。亡くした
妻の分まで息子の東太を育てるシングルファザーでもある。
【監督コメント】
「小説やお笑いなど、ひとりさんの人間観察力と擬態能力には、前から注目していました。今回の世四郎役は科白の多い役。なのに、上手すぎて収録が早く終わってしまったほど。ありがとうございました。」

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50150

執筆者

Yasuhiro Togawa