『プロメテウス』のスタッフ×『ウォンテッド』の監督が放つ、SFスペクタクル超大作『ダーケストアワー 消滅』が2012年12月1日シネマート六本木・新宿にて公開することが決定いたしました。ご期待ください!

『プロメテウス』のスタッフ×『ウォンテッド』の監督が
革命的ビジュアル・イメージで放つ、世界の滅亡と人類の逆襲!
全世界停電。そこに現れた姿なき侵略者。人類は滅亡してしまうのか—。幾多の映画で描かれてきた異星人による地球侵略のモチーフを“目に見えない侵略者が、人類を跡形もなく粉砕させてゆく”という、斬新な設定で昇華させたのは『プロメテウス』で世界中から高い評価を受けた脚本家のジョン・スペイツ。その革新的なアイデアを、制作を務める『ウォンテッド』の監督ティムール・ベクマンベトフが、さらに驚きのイマジネーションで映像化させた。“見えないエイリアン”に戦いを挑む主人公を演じるのは『イントゥ・ザ・ワイルド』『スピード・レーサー』など話題の作品に出演し続ける、ハリウッドの次世代スターエミール・ハーシュ。ハリウッドの才能が起こした化学反応により、全く新しい感覚のSFエンターテイメントが誕生した。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49103

執筆者

Yasuhiro Togawa