朝鮮戦争最後の日。
歴史から消された過酷な12時間の戦いー

『プラトーン』『プライベート・ライアン』『シン・レッド・ライン』…映画史に残る戦争映画の傑作に新しい1本が加わった!これまで見たことのない高地戦、朝鮮戦争の“ハンバーガー・ヒル”を壮大なスケールで描き2011年夏に韓国で大ヒットを記録した『映画は映画だ』『義兄弟』のチャン・フン監督、待望の新作『高地戦』が10月27日(土)より、シネマート新宿、シネマート六本木にてロードショーとなります。

戦闘を単なるスペクタクルに留めず、兵士の死に涙する隙も与えない硬質さは戦争映画の新境地を拓いて絶賛され、作品賞をはじめ数ある撮影賞や美術賞を受賞。アカデミー賞外国語映画賞の韓国代表にも選ばれました。

韓国映画界が誇る俳優陣の豪華競演も見事。突然最前線に送られ、高地戦の実態にうろたえる中尉に、韓国屈指の実力派シン・ハギュン。戦争の化身となってしまう旧友には、美形俳優から大変身を遂げたコ・スが扮するほか、新星イ・ジェフンが若き大尉役で強烈な印象を残して韓国映画評論家協会賞の新人賞を受賞した。来る日も来る日も高地を駆け上り転がり落ちる苛酷な撮影に耐えた新旧キャストが魅せる戦友たちの絆が、見る者の心に忘れられない感動を刻む。
本作の日本版予告編が到着いたしました。

予告編::http://youtu.be/zt10xHcxjUE

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49607

執筆者

Yasuhiro Togawa