『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』から5年、ポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作「The Master」(原題)が本年度ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門への正式出品が決定しました。通常の35mmフィルムの規格より高品質とされている70mmフィルムでの上映となり、現地での注目ぶりがうかがえます。

また、世界最古、そして世界3大映画祭のひとつとして知られるヴェネチア映画祭は、ハリウッドでは、来年のアカデミー賞レースの行方を占う映画祭と位置づけられており、9月14日のアメリカ公開を前に、ますます注目を集めております。早くも来年のアカデミー賞、大本命ともいわれる本作。

なお、日本公開は、2013年春を予定しております。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=50644

執筆者

Yasuhiro Togawa